BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トレンド
  4. 【「桜肉」の世界】 馬刺しだけじゃない! 魅力たっぷりの「桜肉」に迫る

【「桜肉」の世界】 馬刺しだけじゃない! 魅力たっぷりの「桜肉」に迫る

春といえば桜! 「桜」といえば…?

暖かな日差しに心も綻ぶ春。春といえば「桜」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? そんな「桜」の名を関した「桜肉(さくらにく)」馬肉のことを指すことばです。

「桜肉? ああ、馬刺しのことか」と思ったそこのあなた!

桜肉には刺身以外にもおいしい食べ方がたくさんあり、さまざまな部位を揃える焼肉店も増えてきているんです。

そこで今回は、【桜肉の世界】にググッと! 迫っていきたいと思います。馬刺しだけではない桜肉の魅力を、ぜひ堪能してくださいね!

 

馬肉が「桜肉」と呼ばれるワケって?!

馬肉のユッケ=「桜ユッケ」。焼肉店のメニューで見かける! という人も多いのでは。
でも、そもそもなぜ、馬肉は「桜肉」と呼ばれるようになったのでしょうか。


出典:https://kumamoto.guide/look/detail/64

実は、馬肉を「桜肉」と呼ぶようになったのは、肉を食べることが禁じられた戦国時代。肉を食していることがばれないよう、生まれた隠語です。馬肉を「桜肉」と呼ぶ以外にも、猪肉は「牡丹(ぼたん)」、鹿肉を「紅葉(もみじ)」などというふうに名付けていました。

「桜肉」という名前の由来は他にも。“諸説あり”というやつですね!

・馬肉を切り空気にふれると赤身部分が桜色になるから
・馬肉の切り身が桜の花びらを連想させるから
・千葉県佐倉市に江戸幕府直轄の牧場があり「馬といえば佐倉」といわれた地名からきている
・1880年前後に牛肉価格が急騰した際、牛の漢字に似た午(うま)を使って「午肉あります」とうたい馬肉を売る者が出たことから「ごまかし」を意味する「サクラ」肉と呼ぶようになった

……このように、見た目や韻・言葉にまつわるいろんな説がありますが、あなたはどれが有力だと思いますか?

 

桜肉を味わえるのは日本の特権

日本のほかヨーロッパの数カ国やカナダ、モンゴルなどでも食されている桜肉。世界には馬を食べることがタブー視されている国や民族もあるので、桜肉を堪能できるのは日本の食文化の特権であるともいえます。では桜肉を食べる文化はいつから始まったのでしょうか。

秀吉の家臣・“肥後の虎”も愛した! 桜肉の歴史はいつから?


加藤清正
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B8%85%E6%AD%A3

縄文時代、モンゴルから日本へとやってきた馬。これが食用にされるのはそれよりもずっと後、戦国時代! 肥後熊本藩初代藩主・加藤清正が朝鮮出兵時に食糧が尽き軍馬を食べたのがきっかけなんだとか。

この清正の行動を皮切りに、桜肉のおいしさは熊本を中心として広く知れわたることに。日本には、桜肉を食べる文化が根付きました。

 

牛ユッケの提供規制によって、「桜ユッケ」の人気が上昇!

2011年、牛ユッケによる集団食中毒が発生したことは、記憶に新しいという方も多いのではないでしょうか。牛生レバー(レバ刺し)の提供が禁止されると同時に、牛ユッケなどの生食用牛肉の提供基準も厳しくなりました。

規制を受け、多くの焼肉店のメニューから牛ユッケが消えるなか、その代打として注目を集めたのが馬肉のユッケ=「桜ユッケ」です。


出典:https://www.basasi.jp/SHOP/YK-0005.html

牛ユッケと遜色ない見た目や味の「桜ユッケ」。よりあっさりとした口あたりや、ヘルシーさでも好評です。今やすっかり焼肉店や居酒屋などの人気メニューとして定着しています。

 

生産数ナンバー1! 桜肉といえば……。


熊本城
出典:https://castle.kumamoto-guide.jp/about/

馬肉文化は、肥後熊本藩初代藩主・加藤清正をきっかけに広まったという説が有力。実際、全国で桜肉生産量が最も多いのも熊本県です。その生産量は2位以下の青森県や福岡県を大きく引きはなし、年間2000トン以上

加えて、熊本県は馬肉の生産量だけでなく消費量もトップ。まさに「桜肉」を食べる習慣が身近に根付いている地だといえますね。

低カロリー&ヘルシーなのが嬉しい! 「桜肉」を堪能しよう

お酒のお供にも最適な美食として人気のある桜肉は、あっさりとしてヘルシーな点も魅力。肉は好きだけどカロリーが気になる人は要チェックですよ。

桜肉の見た目や味の特徴は?


出典:https://www.basasi.jp/SHOP/BA-0007.html

鮮やかなあずき色の赤身が特徴的な「桜肉」。部位によって異なる独特の食感や、あっさりとした味わいと甘みを楽しめます。

脂身がさっぱりしているのも大きな特徴のひとつ。低脂肪&低コレステロールでありながら、ビタミン・ミネラル・鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。

カロリーはなんと、100gで110kcalほど。牛肉・豚肉の半分以下なんて、驚きですよね!

 

「桜肉」ならではの部位! 「たてがみ」は必食

「桜肉」にも他の肉と同様に「ロース」や「ヒレ」などの部位がありますが、特有の部位として人気なのが「たてがみ」です。


桜肉のたてがみは「コウネ」とも呼ばれる
出典:https://www.basasi.jp/SHOP/203379/204028/list.html

たてがみは脂分とゼラチン質からなる白い肉で、ぷりっとした独特の食感が特徴。刺身にするのが一般的な食べ方で、赤身の馬刺しと重ねて食ベると美味しいんだとか。

また、希少なあばらの三層肉 「ふたえご」もぜひ食べてみてほしい部位。「桜肉」は馬刺しで味わうのが主流ですが、最近では焼肉で味わえる店も増えているので、食べ比べてながら楽しんじゃいましょう!

都内で味わう! 「桜肉」がうまい店&おすすめ通販

絶品「桜肉」が味わえる東京都内の名店と、「桜肉」を自宅でも楽しめるおすすめの通販商品を紹介します。コロナ対策をしながら、うまく利用してみてくださいね。

 

○桜肉料理 馬春楼 銀座本店

熊本から毎日直送される、新鮮な「桜肉」を味わえる人気店がこちらの《馬春楼(ばしゅんろう)》。


出典:https://www.oc-j.jp/shop

希少なレバ刺しを含む馬刺しやユッケ、溶岩プレートで焼く桜焼肉、馬肉出汁で味わう桜ハリハリ鍋など、料理やコースがさまざまに充実しています。

「桜肉はクセがある」と思っていた人もとりこにする文句なしの美味さが評判! 店内には2〜10名で利用できる個室完備でコロナ対策もバッチリです。ランチも好評で、桜お刺身膳などのお値打ちメニューを堪能できますよ。

■住所:東京都 中央区 銀座 6-12-2 東京銀座ビル1F
■HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27000215/
*姉妹店 馬春楼 北新地総本店(大阪)、祇園馬春楼(京都)もあり

 

○[通販]熊本の馬刺し専門店 桜屋

熊本育ちの厳選した桜肉を販売している《桜屋(さくらや)》。契約農家で一貫飼育・生産されたお肉を最新式の急速冷凍し、ギリギリまでうま味を保った状態で家庭に届けます。


出典:https://www.basasi.jp/SHOP/OS-0010.html

新鮮な馬刺しはもちろん、焼肉用、煮込み用、ミンチ、加工品などの品揃えが充実しており、幅広い料理に活用できますよ。

また、余った馬刺しは焼いたりたたきにしたりして食べるのもおすすめ。家庭でいろんなアレンジレシピにもトライしてみるのもいいですね!

■HP:https://www.basasi.jp/

 

「桜肉本日締め400kg」……「桜肉」にされた競走馬?

ハマノパレードという競走馬をご存知でしょうか? 1969年から1973年まで活躍した馬です。

実力・人気とも勢いにのるなか、1973年に出走した高松宮杯で骨折し、予後不良となってしまいます。


ハマノパレード1973年宝塚記念優勝時。この次の高松宮杯で骨折し予後不良となった。
出典:https://db.netkeiba.com/horse/1969z00420/

その翌日、市場に登場したのが「さくら肉『本日絞め』400キログラム」という馬肉。「これはハマノパレードの肉では!?」と、物議を醸しました…!

現在日本では予後不良となった競走馬には屠殺ではなく安楽死措置が施されますが、その体制が整うきっかけをつくってくれたのは他でもないこのハマノパレードなのです。

 

「3月29日は桜肉の日」! イベントに大注目!

8月3・4日は馬刺しの日、8月29日は馬肉の日とされていますが、「3月29日は桜肉の日」なんていうのもありますよ! 東京都内の飲食店では、「桜肉の日」にちなんだフェアを開催しています。


出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000020469.html

桜ユッケ、赤身刺し、桜すじ煮、桜肉ステーキ、桜肉チャンジャ、などなど。バラエティ豊かな桜肉メニューが、なんと時間無制限で食べ放題!

桜肉好きな人もあまり食べたことがない人もこの機会にいろんな桜肉のおいしさを満喫しましょう!

開催店舗(フェア詳細・期間は各店舗にお問い合わせください)
・南渋谷 なみの上:https://peraichi.com/landing_pages/view/naminoue/
・仕事馬 : https://peraichi.com/landing_pages/view/shigotouma/
・酒肴 北斎 東京大塚のれん街 : https://www.otsuka-norengai.com/shopHa.html
・日本栄光酒場ロッキーカナイ : https://www.spice-works.co.jp/restaurants/

さて、今回は「桜肉」の呼び名の由来や歴史、おすすめのお店などを紹介しました。

「桜肉」の味わい方はとても幅広く、本当においしい「桜肉」を提供してくれる店も増えています。

焼き肉好きの方はもちろん、美容と健康を気遣う人、今まではあまり馴染みがなかったという人も、ぜひそのおいしさを深く体感してみてください。きっとイメージがガラリと変わるはずですよ。

それでは以上、【桜肉の世界】でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事