BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【佐賀牛の世界】サシにもこだわる世界に誇るA5ランク和牛

【佐賀牛の世界】サシにもこだわる世界に誇るA5ランク和牛

焼肉、ステーキ、ローストビーフでも旨い最高峰和牛

47都道府県の中でも知名度が低い県と言われがちなイメージの佐賀県。

でも佐賀県には全国に約150種程あるブランド牛の中でも屈指の厳しい条件が定められた、世界に誇れる名牛「佐賀牛」がありますよね。

今回は焼肉はもちろん、ステーキ、しゃぶしゃぶにしてもおいしく、お取り寄せやふるさと納税ではローストビーフも人気がある【佐賀牛の世界】を探ります。

その存在を知っている人も知らなかった人も、その奥深い魅力を知ればきっとすぐにでも佐賀牛を食べたくなりますよ。

世界の首脳たちに振舞われた世界に誇れるブランド牛


出典:https://jasaga.or.jp/agriculture/nousanbutsu/sagagyu

佐賀県の始まりは1984年、肥育家たちが研究を重ね質の高さを見出した和牛をブランド牛「佐賀牛」として販売したことからでした。但馬牛の子孫を素牛にもつ佐賀牛が県内で評価を得るのにそう時間はかからず、需要も上がっていきます。

1988年には肉質5等級を常時扱う販売店のみを認定する佐賀牛取扱指定店制度の発足。現在は知名度・品質とも全国でも一目おかれる名ブランド牛に成長し、香港やシンガポール、アメリカへも輸出されています。

また2000年開催の九州・沖縄サミットにおける蔵相会議時のディナーや、2017年米国大統領訪日時の迎賓館での晩餐会でも佐賀牛がふるまわれており、その品質の高さは世界的に誇れるものであるといって良いでしょう。

佐賀牛は焼肉で味わえば一層コクが増し絶品に


出典:http://www1.enekoshop.jp/shop/nakamura-farm/item_detail?category_id=579464&item_id=2617036

佐賀県の穏やかな気候ときれいな空気、おいしい水に囲まれて育つ佐賀牛は、色鮮やかで柔らかな質感をかもし出す赤身に艶やかな光沢、脂肪がきめ細やかに入った見事な霜降りが特徴です

優れた肉質をつくるため牛にストレスがかからない環境づくりに努めるなど、肥育環境も重視されています。また餌にも多種の飼料を混ぜ合わせたり発酵処理を行うなどの工夫が加えられており、佐賀牛が美容と健康に良い美食で育っていることがわかります。

そんな質の良い赤身と脂肪をもった佐賀牛は、熱を入れることにより脂肪の香りが増しコクと甘みが一層深くおいしくなる肉質をもつ和牛。それを聞けば焼肉で味わってみたいと思わずにはいられませんよね。

厳選基準をクリアした牛だけが佐賀牛として販売店に並ぶ


出典:https://sagagyu-portal.com/#

佐賀牛にはブランド牛としての品質を保つため、以下の厳しい条件が定められています。

・JAグループ佐賀管内の肥育農家が飼育した黒毛和種の和牛であること

・日本食肉格付協会の定める取引規格の格付けにおいて「5」または「4」等級以上であること

・BMS「No.7」以上であること

 

日本食肉格付協会の格付けについておさらいしておくと、

・A・B・C評価…歩留まり=肉牛からどれだけ良品の食肉が得られるかの度合い。Aが最も高評価。

・1〜5評価…肉質を点数化したもの。霜降り、肉色、肉の締まり具合やきめ、脂肪の質などを基準に評価し、点数が高いほど高評価。

C評価の肉は質が劣るというイメージをもっている人もいるかもしれませんが、Cは「取れ高が劣る」というだけで、数字の点数が高ければ肉質の良い牛肉であるといえます。

 

佐賀牛として認められるのはA/B/C4・5の和牛肉で、この格付けを用いた規格においては仙台牛に次いで全国2番目に厳しい条件となります。

そこへBMS(牛脂肪交雑基準)=赤身の霜降り度合いにおけるNo.7以上という条件を加えると、かなり質の良い霜降りをもつ肉のみに限定されます。

 

この高いハードルを越えられなかった和牛肉で、肉質等級4〜2、BMSがNo.6~2のものは「佐賀産和牛」の名で区別されます。


出典:http://www.sagagyu.jp/about/

佐賀県から年間約1万8千頭出荷される和牛のうち、「佐賀牛」ブランドとして認定されるのは約63%。肉質、霜降り度合いまで徹底して厳選された佐賀牛は、品質へのこだわりを妥協することなく追求したブランド牛であることが分かりますね。

生産から提供、お取り寄せ販売まで行う生産者も

個体識別番号から生産履歴を検索できるトレーサビリティシステムにより安心・安全な品質であることを公開している佐賀牛は、熟練技術をもつ生産者たちによってきめ細やかな飼育がされています。


出典:https://www.nakamura-farm.net/concept/

中村牧場は唐津エリアの海と山が調和する自然豊かな環境にある佐賀牛生産農家。

「家族中心のゆとりある牛飼養管理を目指し、日々創意工夫と熱意を持って、近年の規模拡大と販売成績向上に繋がる取り組みを行っています」(引用:https://www.nakamura-farm.net/concept/

の言葉通り、牛舎や餌や繁殖などに対し様々な試行錯誤を行い品質向上に努めています。

 

1971年の設立当初はわずかだった黒毛和牛の頭数は現在約2,200頭と佐賀県内でもトップクラスの規模となり、高品質の佐賀牛が県内外から高く評価されています。また牧場直営の焼肉店やお取り寄せ店舗の運営も手がけています

■中村牧場オンラインショップ:http://www1.enekoshop.jp/shop/nakamura-farm/

■佐賀牛トレーサビリティシステム:http://ansin.sagagyu.jp/sagagyu_web/products/

 

A5ランクの極上佐賀牛を都内で堪能!

佐賀県全域で生産されている佐賀牛は、良質の肉を安定して供給できることでも定評があります。東京都内でも味わえる店は多く、佐賀牛専門店のほか「その日のいい和牛を提供」「A5ランク肉を厳選」という店でもよく登場します。

以下で佐賀牛を常時楽しめる都内の店舗を2軒紹介します。

○兜 中目黒店

中目黒駅から徒歩1分の場所にある兜 中目黒店は、1頭買いしたA5ランクの佐賀牛をあますところなく味わえる焼肉店。目でも舌でもおいしい最高峰の佐賀牛を焼肉やしゃぶしゃぶで楽しむことができます。コースも充実しているので、ぜひ食べたい部位によってチョイスしましょう。


稀少部位を食べ比べできる「極上佐賀牛究極の部位コース」他贅沢なコースが充実
出典:https://kabtonakameguro.owst.jp/gallery

 

高級感漂う落ち着いた雰囲気の店内には様々なタイプの個室も完備で、デートやグループでの食事はもちろんフォーマルな席にもおすすめ。恵比寿や麻布十番など都内各地に姉妹店があります。


出典:https://kabtonakameguro.owst.jp/gallery

■住所:東京都目黒区上目黒3-3-13 ラフィーネ中目黒2F

■HP:https://kabtonakameguro.owst.jp/

 

○牛兵衛 草庵 東急吉祥寺店

吉祥寺東急内にある牛兵衛 草庵もまた、一頭買いした厳選佐賀牛を焼肉やステーキなどで味わえる店です。焼肉のおすすめは様々な部位を楽しめる「佐賀牛一頭コース」で、佐賀牛の見事な霜降りを堪能できます。


出典:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13180846/dtlphotolst/?mode=owner&smp=2

またランチも好評で「佐賀牛焼肉牛ランチ」などそそるメニューが揃います。窓からの眺めも良く、快晴時には富士山を臨めることも。個室もあるので家族連れや子連れママにも人気があります。


出典:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13180846/dtlphotolst/?mode=owner&smp=2

■住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店9F

■HP:http://www.royalshoji-food.jp/shop/000027.html

 

サシパワーを注入&ふるさと納税で佐賀牛をチェック

これから焼肉!というとき、おいしそうな和牛を見て俄然食欲がわく人は多いでしょう。では、きれいなサシが入った和牛を思い出して不思議と心が満たされた経験をもつ人はいるでしょうか?あるというあなた、それはいたって正常な反応です。

 

佐賀牛には「サシは見るだけで脳内に幸せホルモンを分泌させる」という、脳科学者の茂木先生も認める理論に基づき「サシパワー」なるものをおすそわけしてくれるサイトがあるんです。


佐賀牛サシパワーサイトトップページ
出典:http://www.saga-city.jp/sashi-power/

サイト内では佐賀牛のサシとヒーリング音源とともに瞑想ができたり、佐賀牛のサシパワーにいつでもあやかれる待ち受け用サシ壁紙のダウンロードも。

ちょっとユニークなこのサイト、ふるさと納税情報もチェックできるのでサシ好き&佐賀牛をお得に手に入れたい人は要チェックですよ。

■佐賀牛サシパワーサイト(佐賀市):http://www.saga-city.jp/sashi-power/

 

品質とブランド力向上に妥協せず、肉質にも霜降りにも最大限にこだわった佐賀牛の味は誰もが認める本物の上質。メディアなどに取り上げられる機会は多いものの、改めて佐賀牛の魅力を再確認した人も多いのではないでしょうか。

 

県外への流通も充実しており、目にする機会も多いブランド牛なので、ぜひその贅沢なおいしさを焼肉で堪能しましょう。

 

以上、【佐賀牛の世界】でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事