BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【鹿児島牛の世界】鹿児島牛の特徴や歴史、都内で食べられるお店を一挙ご紹介!

【鹿児島牛の世界】鹿児島牛の特徴や歴史、都内で食べられるお店を一挙ご紹介!

ご存知でしたか?肉牛の数が最も多いとされるのは鹿児島県なのです。

鹿児島県産の黒毛和牛は、第11回全国和牛能力共進会で団体総合優勝を果たしています。つまり、日本1の和牛です。数あるブランド牛から選ばれるのには、理由が少なからずあります。今回は鹿児島牛の見た目や味、基準などをご説明。また、都内で食べられるお店を2店舗ピックアップします!

鹿児島牛の気になる見た目や味は?


出典:https://unsplash.com/photos/s-Z-h0fEiBM

鹿児島牛はきめの細かい肉質が特徴的です。さらに、噛みしめた時に感じる抜群のやわらかさが魅力。とりわけ霜降り肉にはまろやかなコクが凝縮されています。
このような旨みを保つため、厳しい検査を実施しているのも事実。つまり、厳格な基準をクリアした牛のみが鹿児島牛と名乗ることができます。

ブランド牛のトップに立つ鹿児島牛は、どのように食べても最高です。たとえばステーキなら肉厚でジューシーな旨みを味わえます。
そのほか、すき焼きの具材としていただくのも乙です。

ブランド牛に認められる基準や定義

鹿児島牛と認められるには、以下の基準を満たすことが求められます。

  • 鹿児島黒牛の名前で表示販売すること、さらに常時品ぞろえしていること
  • 年間の購入量が販売されているお店では1,500kg以上、飲食店は300kg以上。また、県内の飲食店や宿泊施設はおおむね200kg以上
  • JAグループ鹿児島に属する畜産経営で育てられた黒毛和種であること

このように、いくつか定められたポイントをおさえているのが鹿児島牛です。

日本が誇る牛肉が伝わってきたヒストリー


出典:https://unsplash.com/photos/g3O5ZtRk2E4

日本の食文化が幕を開けたのは、幕末から明治維新にかけてのこと。当時、鹿児島県ではあらゆる名称の牛がいました。これらの牛たちに先人が品種改良を行い、誕生したのが鹿児島牛です。苦労の末生まれた牛が、今では日本1に登りつめるほどの品質、味を誇っています。

ちなみに、全国の黒毛和牛飼養頭数のおよそ20パーセントが鹿児島牛です。それほどたくさんの牛が飼育できるのは、鹿児島県の環境が牛肉作りに適しているから。たとえば暖かく豊かな自然があるほか、丹精こめて繁殖から肥育まで行う農家がいることも重要です。

極上の味を都内で楽しもう!

品質管理が行き届いており、極上の味を誇る鹿児島牛。さぞ美味しいことでしょう。かといって誰もがすぐに九州に行けるとは限りません。
そこで、現地に足を運ばずとも都内で鹿児島牛が堪能できるお店の情報をまとめました。

特撰黒毛和牛専門店 薩摩 うしのくら 四谷店


出展:https://r.gnavi.co.jp/ad2chayn0000/

東京都に8つのお店を構える「「うしのくら」。そのうちの1店舗である四谷店をご紹介します。こちらのお店はすべての席が個室で、ゆっくりと食事を楽しめるのが特徴。デートや記念日などにおとずれるのはもちろん、お子様連れでも行きやすいお店です。

また、数多くの黒毛和牛専門店が存在する中で、当店は生産者の顔がわかります。うしのくらのお肉は、牛のことを知り尽くした蔵元が作った自信作です。


出展:https://unsplash.com/photos/XujB1I7uhqk

うしのくらでは、5等級BMS10番以上の品質をクリアした鹿児島牛をあつかっています。そのため、実際にお店をおとずれ食事をした人の評価も高いです。
こちらのお店では、牛を丸ごと一頭使用しているためあらゆる部位を楽しめます。
例えばタン塩やハラミなどのオーソドックスなお肉。その他、赤身希少部位のカツレツも食べられます。赤身をカツレツにしているメニューは、なかなか珍しいですよね。

アラカルトだけでなく、コース料理も必見です。牛一頭ぶんのお肉を楽しめる10品コースがあります。また、厚切りタン塩を中心に食べられる7品コースなどもあり充実しています。

【店舗情報】
住所:〒160-0004  東京都新宿区四谷2-1-1 SK四谷ビルB1F
電話番号:03-6273-2934
営業時間:
【平日】17:00~23:00(L.O 22:30)
【土/日・祝日】11:30~23:00(ランチL.O 14:30 / ディナーL.O 22:30)
定休日:なし(年末年始休みあり)
【禁煙・喫煙】全席禁煙
引用:https://www.ushinokura.com/shop/yotsuya

炊き肉名人 和牛まる


出展:https://r.gnavi.co.jp/cyh2622c0000/

炊き肉は、もともと鹿児島の天文館通にある「牛ちゃん」の店主が考えた一品です。

中央部にくぼみがある鉄板鍋の中にダシを入れ、その周辺に牛肉やもやしなどをトッピング。続いて加熱し、火が通った部分からタレにつけていただくメニュー。この料理は肉だけでなく、野菜も一緒に食べられます。そのため、ダイエット中の人でも気負わず食べられるのが特徴です。

近郊では東京都の恵比寿にある「炊き肉名人 和牛まる」で、本場の炊き肉が食べられます。こちらの店舗で使用される牛肉は、上等なランクのみを選別。脂っこいものを食べるとコレステロール値が上がりやすいです。一方、炊き肉には上昇を抑制するオレイン酸がたっぷり入っています。普段カロリーの高いものをひかえている人でも、気兼ねなく食事できる場所です。


出展:https://unsplash.com/photos/0yqa0rMCsYk

メインのお肉以外にも、豊富な種類のドリンクがあります。なかでもイチオシなのがクラフトビールです。炊き肉と相性がバッチリのビール。なんと飲み放題のラインアップに入っています。まだ飲んだことがない人は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。ほかにもワインやカクテル、焼酎などもあります。お酒好きにはたまらないですね!

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-11 フジワラビルアネックス1F
電話番号:050-5456-9802
営業時間:12:00〜24:00
引用:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13246830/?cid=google_yoyaku

一級品、プロボクサーに贈呈される

JA鹿児島きもつきが、地元で活躍するボクシングの五輪代表選手に鹿児島牛を贈呈しました。

出展:https://news.yahoo.co.jp/articles/793dee5d046f475a60c5cd55c031bddc9949f962

内容は鹿児島牛のステーキ8kgと新鮮な野菜など。かなりの量ですね。

プロボクサーは、体力があってこそ健闘することができます。選手には贈られたお肉や野菜をたっぷり食べてもらい、さらに高みを目指してほしいものです。

オンラインで鹿児島牛をゲットしよう!

九州地方や都内に住んでいない人でも、オンラインで鹿児島牛を購入することができます。
https://www.ja-town.com/shop/f/f4030n0/

お肉のブロックやステーキセットなど、バリエーションが豊かです。例えば一家だんらんで食べるもよし。また、遠くに住む親戚や知り合いに贈るのもよし。あらゆる場面に適した鹿児島牛が通販で買えるのは便利ですね。

トップレベルのお肉、あなたはどこで食べる?

厳しい審査を通過し、見事日本のトップに返り咲いたことがある鹿児島牛。もし機会があるならば、一度は食べてみたいものです。イメージ的には、九州のごくわずかな地域でしか食べられないような気がします。しかし、実際のところ都内でも食べられるんですね。今回ご紹介した「うしのくら」「和牛まる」の2店舗は、どちらも個性があります。気になった人はぜひ食事にお出かけください。

また、なかなか東京や鹿児島県に行けない人のために通販も共有しました。これを機に鹿児島牛をオーダーしてみてはいかがでしょうか?

以上、【鹿児島牛の世界】でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事