BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【石垣牛の世界】温暖な気候で育てられた石垣牛は一度食べると忘れられない味

【石垣牛の世界】温暖な気候で育てられた石垣牛は一度食べると忘れられない味

さて、今回の全国47都道府県のブランド牛調査ですが、日本の観光名所である沖縄で生産される石垣牛を取り上げたいと思います!

れでは、石垣牛の世界をご堪能ください!

温暖な気候を生かした石垣牛


出典元:www.ishigakigyu.com/about.html

ハワイとほぼ同じ緯度に位置する石垣島は、温暖な気候を生かした生産で有名です。石垣島には、牛を良い条件で飼育できる土地、餌となる草地、水と条件が整っています。
沖縄本島で生産されている沖縄和牛もブランド牛として人気ですが、石垣牛は、整った飼育環境と品質と味が良いことから、ダントツで石垣牛が有名になっています。
ステーキで食べると、「口に旨味たっぷりの肉汁と黒毛和牛の甘みが広がり絶品!」と話題を呼んでいます。

石垣牛の見た目、味の特徴


出典元:www.ishigakigyu.com/index.html

石垣牛の見た目は、なんと言ってもまず「サシ」の入り方がとても美しいということです。ホレボレしてしまうほどのサシがたくさん入っているにもかかわらず、赤みとのバランスも良いので、見た目から楽しむことができ、五感に刺激を与えます。

味の特徴は、サシがたくさん入っていても決して脂がしつこいわけではなく、食べた後のさっぱり感が他とは違います。しつこい脂だと胃にもたれがちですが、石垣牛は、そんなことはありません!食べるとすぐ次も食べたくなり、「もっと食べたい!」と思うほどなのです。石垣牛の旨味や甘みも十分にあり、至極の気分を味わうことができます。

石垣牛を1番堪能できるのはステーキではないでしょうか。沖縄で有名な泡盛と相性ピッタリです!古酒だとなおさら最高!

石垣牛の歴史

1970年頃、石垣牛として、大阪や名古屋の市場に出荷しており、1987年に石垣牛の名称が用いられたようです。ですが、ブランド牛としてはまだ確立していたわけではなく、名称も「石垣黒牛」や「八重山黒牛」などの候補があり、1997年に石垣牛に統一されるようになりました。

石垣牛を一躍有名にしたのが、2000年に開催された沖縄サミットです。サミットの晩餐会のメインディッシュとして石垣牛が使用されたことから、一気に知名度がアップし、注目されるようになりました。沖縄サミットと言えば、沖縄出身の大人気歌手、安室奈美恵さんが歌を披露するということで、若い年齢層にも注目されましたね。

その後2002年に、商標登録され、2008年に地域団体商標として登録をしています。

石垣牛は、初期の頃は名古屋や大阪の市場に出荷していましたが、2003年から、JA沖縄が沖縄本島と島内での販売に力を入れ、島内で9割を占めるようになりました。この地産地消の取り組みが評価され、2018年第7回日本農業賞特別賞を受賞する快挙を成し遂げます。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/石垣牛

石垣牛の基準・定義

石垣牛とみなされる定義は、

  • 八重山郡(石垣市を含む)内で生産と育成されたことを示す登記書、生産履歴証明書を有すること
  • 生後概ね20カ月以上八重山郡内(石垣市を含む)で肥育されたこと
  • 純粋の黒毛和種の去勢牛または雌牛であること
  • 去勢牛で24-35カ月、雌牛で24―40カ月の範囲に出荷されたこと
  • 日本食肉格付け協会の格付けで、歩留等級がAまたはB、肉質等級が5―2等級であること
  • このうち肉質等級が5-4等級のものが「特選」、3-2等級のものが「銘産」とされる

この定義を満たした枝肉に対し、石垣牛ラベルを貼り付けする権利を与えられます。

しっかり一頭ごとに、石垣牛の証明がされるので、安心できますね。

A5ランクの石垣牛をステーキで味わいたいものです。
引用元:www.ishigakigyu.com/about.html


出典:www.ishigakigyu.com/about.html

代表的な生産者さんは?

厳しい基準をクリアしないと認められない石垣牛の生産者は、牧場主や、焼き肉店を営む方が直営で牧場を経営している方が多いです。

その中で有名な牧場が、「つかさ牧場」です。多宇司さん、明子さんご夫妻が営んでおり、2008年度農林水産祭の畜産部門で沖縄県初の天皇賞を受賞、同年全国草地畜産コンクールで農林水産大臣賞を受賞しています。

黒毛和牛の母牛約20頭、子牛約90頭、石垣牛として肥育中のものが約40頭を管理していて、のびのび育てられているおかげで、質のいい石垣牛を育て上げています。

エメラルドグリーンのきれいな海を眺めながら、気候に恵まれた土地、質のいい草地でどんどん牧草を食べることによって、つかさ牧場の石垣牛は生産され、天皇賞や農林水産大臣賞が獲得されたのですね。


参考元・出典元:www.ma-san-meet.jp/voice/tau.html

都内で石垣牛を味わうならここ!

それでは、都内で石垣牛を食べることができる素敵なお店をご紹介します。

○GINZA KOSO

銀座でおしゃれに石垣牛を楽しむならGINZA KOSOです。外観も内観を素敵で、個室もある仕事にもプライベートにもOKなお店です。新鮮な黒毛和牛づくしが大人気で、カウンターで頂く和牛づくしは、まるでお寿司屋さんにいるかのように感じさせます。高級感を一緒に堪能できる素敵なお店です。インスタ映えの料理がお客様を魅了します。
参考元・出典元:https://restaurant.ikyu.com/101404/?pups=2&pndt=1

■店名:GINZA KOSO
■URL:http://www.ginza8888.net/
■住所:東京都中央区銀座8-8-8 銀座888ビル8F
■TEL:03-6252-0088
■営業時間:
<平日>11:30~14:30(L.O.14:00) / 17:30~28:00(L.O.27:00)
<土・日>11:30~15:00(L.O.14:30) / 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:祝日、GW(一部営業)、お盆(一部営業)、年末年始

○沖縄懐石 赤坂潭亭

沖縄料理専門の懐石料理店で有名な赤坂潭亭(あかさか たんてい)は、「沖縄懐石 石垣牛ステーキコース全7品」というコースが大人気です。懐石料理のコースプランで、しっとりした気分を味わうことができます。お値段も懐石料理のお店にしては高くないので、敷居が高く入りにくいというお店ではないので安心してお店を利用できるのが魅力です。

沖縄料理で唯一ミシュランの星を獲得しているお店なので、石垣牛を味わいたい方は、1度は訪れたいお店です。
参考元・出典元:https://restaurant.ikyu.com/100195/?pups=2&pndt=1

■店名:赤坂潭亭
■URL:https://akasaka-tantei.com/
■住所:東京都港区赤坂6丁目16−11 浜ビル
■TEL:03-3584-6646
■営業時間:18:00~23:00
■定休日:日曜日、年末年始

○ondo

石垣牛をカジュアルに味わいたい方におすすめのお店が、六本木にあるondoです。石垣牛以外にも沖縄料理を幅広く楽しむことができます。店内は、木のぬくもりと照明で、ムーディーなので、デートにもぴったりです!

定番料理が楽しめるコース、飲み放題がついたコースなど、コース内容が充実しているのも魅力です。こちらのお店では、石垣牛のハンバーグがついたコースがあるので、他とは違うハンバーグを食べたい方にピッタリのお店です。
参考元・出典元:https://restaurant.ikyu.com/114192/?pups=2&pndt=1

■店名:ondo(オンド)
■URL:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13114661/
■住所:東京都港区六本木 7-4-8 TKGビル 302
■TEL:050-5597-4629
■営業時間:
ランチタイム [月~金]11:30~15:00 (14:30L.O.売り切れ次第終了)
ディナータイム [月~木]18:00~2:00
[金・祝前日]18:00~5:00
[土]18:00~23:30
定休日:日曜日、祝日、年末年始

JA沖縄がクラウドファンディングで、支援額に応じて「肉セット」を送付!

2020年4月29日に、新型コロナウイルスの影響で出荷が滞っているJA石垣牛への支援を募るクラウドファンディング「♯ブランド牛応援リレー@石垣牛」を発表しました。

これは、支援額に応じた肉セットを送付するキャンペーンで、石垣牛の需要が落ちているため行われる措置として注目が集まっています。

北海道でもお土産品をクラウドファンディングで支援を募っていましたよね。この試みは、JA沖縄は初めてで、お得に石垣牛を味わうチャンスです!

コースは、1万2千円、1万7千円、2万3千円の3つのコースがあり、店頭価格とほぼ同額の石垣牛の肉セットが送られます。6月21日までの応募となっており、発想は、7月1日以降となっているので、暑くて夏バテしやすい時期に、石垣牛で体力をつけてはいかがでしょうか。
参考元:https://mainichi.jp/articles/20200530/rky/00m/040/002000c

以上、【石垣牛の世界】でした!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事