BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【知多牛の世界】乳牛×肉牛のおいしいとこどり! 交雑種ブランド牛の魅力に迫る

【知多牛の世界】乳牛×肉牛のおいしいとこどり! 交雑種ブランド牛の魅力に迫る

酪農の地・知多半島が生んだ交雑種ブランド牛

愛知県の西部にある海に挟まれた知多半島は、北海道に次いで乳牛飼育数の多い地。そんな知多半島には、乳牛と肉牛との掛け合わせで生まれた「知多牛(ちたぎゅう)というブランド牛があるんです。

ホルスタイン種である母と黒毛和種である父との間に生まれた知多牛は、両方の長所を継いだ肉質がよく生育の早い牛。肉質も、オレイン酸含有量も、和牛に負けない高水準の品質でありながら、リーズナブルなのが魅力で、年々認知度や需要が上がっています。

今回は、そんな絶品交雑種ブランド牛である【知多牛の世界】をのぞいてみましょう!

 

ミツカン社長がもたらした、牛飼育文化

乳牛と肉牛の複合経営が盛んで、農家1戸あたりの牛飼育頭数も全国上位の愛知県ですが、知多半島にまず導入されたのは酪農です。

1881年頃、愛知県半田市に本社があるミツカンの四代目・中埜又左エ門が滋養と健康のために乳牛を入手し、酪農に取り組んだのが最初でした。それと同時に、知多半島では肉牛の肥育も盛んになっていきます。


出典:http://chitagyu.co.jp/prime

そして知多半島では、乳牛であるホルスタイン種と肉牛である黒毛和種を掛け合わせた、和牛に近い肉質をもつ交雑種牛づくりに成功。この牛をルーツに、1980年頃からブランド牛としての「知多牛」の生産が盛んになり、1985年頃からそのおいしさが評価されるようになりました。

少し前まで同じ肉でも「知多牛」と「あいち知多牛」の名が混在していたのですが、2018年に名称を「知多牛」に統一。手頃な価格で贅沢な味を楽しめる国産牛として認知されるようになり、現在ベーシックブランド「響」とより上質な「誉」の2種のブランド展開をしています。

 

柔らかで甘みがある! 「響」「誉」2種の知多牛

知多牛には「響(HIBIKI)」「誉(HOMARE)」2種のブランドがあり、それぞれに異なるおいしさがあります。

「響」は柔らかい肉質と国産牛ならではの甘みが特徴。コストパフォーマンスのよい交雑種ながら、上質な味わいを楽しめます。「誉」は柔らかい肉質とバランスがよく甘みのある脂肪をもつのが特徴で、ひと口で広がる上質な旨味を実感できます。


響・誉どちらも柔らかい肉質と甘みを楽しめる
出典:http://chitagyu.co.jp/faq

また、オレイン酸をはじめとする「モノ不飽和脂肪酸」を和牛に劣らず多く含んでいるのも知多牛の大きな特長。旨みはありつつもあっさりとした味わいを楽しめるヘルシーな牛肉なので、美容と健康を気にかけている人にもおすすめです。

知多牛では肉色・霜降り・脂質などから肉質を総合的に審査する「知多牛枝肉共進会」を定期的に開催。生産者同士切磋琢磨する機会をもつことも日々おいしさの向上につながっています。

 

一貫生産と指定流通ルートで安全性を保証


出典:http://chitagyu.co.jp/faq

知多牛は出生時から出荷まで同じ生産者によって一貫飼育されていることが特徴で、そのため、肥育環境や与えられた餌などの記録も正確に管理することが可能になっています。
そんな知多牛に定められた規格は、「響」と「誉」それぞれ、以下の通りです。

響(HIBIKI
・出荷時の月齢が22ヶ月以上の交雑種
・知多半島において1年以上肥育された牛であること

誉(HOMARE
・出荷時の月齢が24ヶ月以上の黒毛和種
・知多半島において1年以上肥育された牛であること
・肉質等級がA3B3以上のもの

また、ブランド牛「知多牛」であると認められるのは、正式に登録された生産者から愛知県酪農協尾張支所及びJAあいち知多農業協同組合を通じて出荷された肉牛のみ。安全・迅速な流通ルートを定めていることも品質とブランド力の維持につながっています。

 

知多牛の人気上昇に努める生産者たち

知多牛は知多半島各地にある約40軒の生産農家で飼育されています。農家によって規模は異なり、乳牛との複合経営農家や母牛から飼育する農家もあったりと様々ですが、どの生産者も出生から出荷まで愛情と思い入れをもって肥育しています。


知多半島には乳牛・肉牛の複合経営農家も多い
出典:http://l-farm.co.jp/

愛知県半田市にある「エル・ファーム・サカキバラ」は肉牛約900頭と乳牛約300頭を飼育し、知多牛の交雑種・黒毛和種両方の生産に力を入れている農場です。安全でおいしい牛肉の提供はもちろんのこと、牛が心地よく過ごせる環境づくりや地域住民への環境対策にも努めています。


母牛から飼育しています
出典:http://l-farm.co.jp/category/blog/page/24/

同牧場の代表・榊原一智さんは知多牛の魅力をもっと知ってもらおうと、生産者たち4人の有志で1998年より焼肉店「美味知多牛溶岩焼 黒牛の里」の経営も務めています。

「ようやく知多牛が認知されてきた。2030年後には、松阪牛や飛騨牛と肩を並べるブランド牛にしたい」
(引用:http://www.asahi.com/area/aichi/articles/MTW20160802241450009.html

生産者たちの努力によってじっくりと着実に名をあげてきた知多牛。そのおいしさを、もっと身近に味わえるようになるといいですね。

農業生産法人 エル・ファーム・サカキバラHPhttp://l-farm.co.jp/
美味知多牛溶岩焼 黒牛の里HPhttp://www.kuroushi.net/

 

名古屋の新店やお取り寄せで知多牛を味わおう

東京都内で知多牛を食べられる飲食店は数店ありますが、焼肉でとなると常時提供している店を見つけるのは難しいものです。そこで名古屋市にオープンしたばかりの知多牛焼肉の店と、知多牛焼肉を自宅で楽しめるお取り寄せ取扱店を紹介します。

 

知多牛焼肉 moo

名古屋駅から徒歩5分。20209月にオープンしたばかりの《知多牛焼肉 moo(ムー)》は、知多牛を個室空間で楽しめる焼肉店です。定番部位からホルモンまで知多牛の様々な部位が揃うなかでも売れ筋はタン・上カルビ・ハラミ・ロース・ホルモンを味わえる「特選5種盛り」。

おすすめの特選5種盛り
出典:https://n614318.gorp.jp/

知多半島で獲れた海鮮など地産地消食材を堪能できるところも魅力。シックで落ち着いた雰囲気の店内の席は全て掘りごたつで、プライベートを保てる間仕切り仕様の席に個室も完備。接待からデートまで、カジュアル・フォーマルを問わず使える、ちょうどいいお店です。


出典:https://www.yabuya.com/shop/chitagyuyakiniku_moo

住所:愛知県名古屋市中村区椿町10-20 サン名駅椿ビル2F
HPhttps://www.yabuya.com/shop/chitagyuyakiniku_moo

 

知多牛工房 牛小屋

《知多牛工房 牛小屋》は、知多半島で知多牛の生産・加工・販売まで手がけている生産直売店。

とうもろこし・麦・大豆・天然酵母・地元産稲わらなどを配合したバランスの良い餌を与えられながら育った知多牛を、自社加工所でさばいて販売。安心・安全な品質であることはもちろん、そのおいしさにも定評があります。

愛知県内では直営店や各種イベント、移動販売車などで販売していますが、県外向けにはふるさと納税の返礼品として提供しています。「あみ焼きセット(ロース、上カルビ、赤身カルビなど400g)」などが揃っており、随時更新されるのでぜひチェックしてみましょう。


自宅で知多牛を焼肉を楽しめるセットも(写真はイメージ)
出典:https://www.chitagyu-ushigoya.com/

住所:愛知県知多郡南知多町内海風呂谷3-3
知多牛工房 牛小屋HPhttps://www.chitagyu-ushigoya.com/
ふるさと納税販売ページ:https://www.furusato-tax.jp/search/2?city_code%5B%5D=23445&incsoldout=1

 

知多牛に限定イベント満載! レゴランドのクリスマス

愛知県名古屋市にあるレゴブロックのテーマパーク「レゴランド・ジャパン・リゾート」では、クリスマスシーズンである116日から1227日まで「ブリック・クリスマス2020」イベントを開催中!

テーマパーク内には、レゴブロックのクリスマスツリーなどの装飾はもちろん、この期間だけのアクティビティも色々。ホテル内のレストランでは知多牛をメインディッシュに選べるクリスマス・スペシャル・ディナーなどの限定メニューも味わえます。


クリスマス・スペシャルコース 8,000
出典:https://www.legoland.jp/operation/seasonal-events/bricxmas-2020/hotel/

宿泊者には、客室備え付けのカードにサンタさんへのメッセージを書いてパーク内ポストに投函すると、素敵なプレゼントが届くチャンスも。その他にもワクワクする&フォトジェニックなイベントが満載! レゴランドのクリスマスイベントは要チェックです。

◯レゴランド・ジャパン・リゾート
住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7-1
HPhttps://www.legoland.jp/

ブランド牛といえばまず和牛をイメージしますが、交雑種にも知多牛のような高い肉質をもち、こだわって育てられている肉牛があるというのはとても興味深い話ですよね。また求めやすい価格で手に入ることもうれしい点です。
毎回高価な和牛というわけにはいかないけど、やっぱり焼肉はいい肉で楽しみたい……という人はぜひ知多牛をお気に入りに追加しましょう!

それでは以上、【知多牛の世界】でした。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts