BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【にいがた和牛の世界】新潟県産和牛のうまみを集結して誕生! いま注目したいブランド牛

【にいがた和牛の世界】新潟県産和牛のうまみを集結して誕生! いま注目したいブランド牛

米や酒だけじゃない!雪深い新潟の名産「にいがた和牛」

「新潟のうまいもの」と言えば? 多くの人が米や酒を思い浮かべるのではないでしょうか。寒くて雪深い地というイメージの新潟ですが、ここにもまた美しい自然に育まれた質の高いブランド牛があります。

それが「にいがた和牛」です。

コシヒカリの稲わらが配合された贅沢な餌を食べ、「肥育名人」の手で大切に育てられているこのブランド牛は、新潟県の畜産業を盛り上げるのに近年大きく貢献しています。

今回は、ブランド力アップのために様々な取り組みが行われている【にいがた和牛の世界】をじっくり掘り下げていきますよ。

 

新潟県産和牛を統一して誕生した、高品質なブランド牛

もともと新潟県では「魚沼牛」「くびき牛」「 佐渡和牛」「胎内牛」「津南牛」「新潟牛」「村上牛」など、様々な種類の銘柄牛が生産されてきました。しかしどれもブランド牛として確立されるほどの規模ではなく、新潟県の畜産は決して盛んといえるものではなかったんです。

この現状を打破し新潟県の肉牛産業を推進させようと誕生したのが、新潟県産の良質な和牛を統一した「にいがた和牛」
新潟県の肉牛生産者や流通関係者などが集結した「にいがた和牛推進協議会」によって2003年正式にブランド化され、2009年には商標登録もされています。

出典:https://niigata-chikusan.jp/publics/index/161

「にいがた和牛産地証明書」の発行や「肥育名人」の選定など、ブランド力向上のために様々な取り組みが行われている「にいがた和牛」。品質も高く評価されており、全国肉用牛枝肉共励会で最高位の名誉賞を2度受賞するなど多数受賞歴があります。

親しみやすいイメージキャラクター「ニーモ君」も商品のPRにひと役買っていますよ。出典:https://www.nt.zennoh.or.jp/eat/beef/

 

美味しい水とコシヒカリで育った贅沢な肉質

鮮やかな赤身に繊細なサシが入り、見た目にも美しい「にいがた和牛」。「肉のうまみ、脂の風味と甘さに自信アリ」と新潟県が誇るその味わいや、柔らかな食感が評判です。


出典:https://ja-niigata.or.jp/food/product/wagyu.php

その美味しさの秘密は、自然豊かな新潟県の澄んだ空気と清らかな雪解け水にあるといえるでしょう。また、餌には新潟県が誇る米「コシヒカリ」の稲わらをたっぷり配合した贅沢な飼料を食べて育っていることも、良質な肉がつくられる要素となっています。

全ての部位に素材のうまみが凝縮されたにいがた和牛は焼肉に最適! 香ばしい香りとジューシーな肉汁、コクのあるうまみととろけるような食感を堪能できますよ。

 

“良質”から“プレミアム”まで! 緻密なランク付けが美味しさの秘訣

年間約1000頭が流通している「にいがた和牛」ですが、ブランド牛としての認定を得るためには以下の4つの要件を満たしている必要があります。

1. 黒毛和牛の去勢牛(雄牛)または、未経産牛(雌牛)であり血統が明確であるもの
2. 新潟県内で肥育され最長飼養地が新潟県内であるもの
3. 品質規格等級においてA3・B3以上のもの
4. 家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴の確認が出来るもの


出典: https://www.sake3.com/old/contents9011.html

つまりは「新潟県をメインに肥育された」「黒毛和牛」で、「肉質が良く」「ルーツが明確である」ことが条件。これらを満たした牛肉には、にいがた和牛であることを示す「にいがた和牛産地証明書」と和牛ロゴマークが発行されます。

また、「にいがた和牛」のなかでも、
・新潟県北部の村上市、岩船郡、胎内市で肥育・出荷されたもの
・品質規格等級がA4・B4以上のもの
は「にいがた和牛 村上牛」として区別されています。

さらに、「にいがた和牛」「にいがた和牛 村上牛」のなかでも
・霜降り度合いが高い(牛脂肪交雑基準9~12)もの
・クリーンビーフ生産農場(県から安心認定を受けた生産農場)で肥育されているもの
は「厳選にいがた和牛」「厳選にいがた和牛 村上牛」としてプレミアム化されています。

こんなにもきめ細かく徹底した品質管理と品質評価がなされているなんて、驚きですよね。技術の高い肥育農家を認定する「にいがた和牛肥育名人」制度も設けられており、新潟県が選ぶ「安心農場」認定と合わせて、ブランド価値を保っています。

また、にいがた和牛を販売・提供する小売店や飲食店でにいがた和牛取扱指定店に登録されている店舗には「にいがた和牛取扱指定店登録証」が発行されています。にいがた和牛取扱指定店登録証のある店を見たら、そこは信頼できる取扱店と思っていいでしょう。

 

牛飼いの匠・「肥育名人」のもとでじっくり育つ

にいがた和牛には優れた技術をもつ生産者を「肥育名人」として認定する制度があります。肥育名人の審査・認定は定められた条件に基づいて3年ごとに行われており、現在は11名が肥育名人に認定されています(次回の認定は令和4年4月1日)。

1972年に黒毛和牛の肥育を始め、1988年より「にいがた和牛 村上牛」の肥育に取り組んでいる漆間平さんは、にいがた和牛の技術向上を牽引する「肥育名人の」1人。


出典:http://jabank-aes.or.jp/report/support/tokushuu02.html

「餌や畜舎の環境など、牛の肥育は少しの積み重ねが大きな肉質の差になる」
(引用:http://jabank-aes.or.jp/report/support/tokushuu02.html

という漆間さん。

奥様とともに愛情をもって牛を育てながら、日々肥育技術の研究や努力を積み重ねている漆間さんの手がけるにいがた和牛は常に高い評価を得ています。
また、漆間さんは肥育技術の継承にも努めており、就農希望者や農業学生などの研修を積極的に受け入れています。このように肥育名人の優れた技術が他の生産者にも伝授されていくことが、にいがた和牛の品質向上につながっています。

 

「にいがた和牛」を食べてみたいあなたに!

都内でにいがた和牛を提供している店を探してみると、ステーキなどに比べ「焼肉で」味わえる店は今のところかなりレア。もしメニューににいがた和牛が並ぶ焼肉店やにいがた和牛取扱指定店に出会えたら迷わず味わいたいですね。

 

○越後地酒と炭火旬彩 へぎそば あやかり鯛

上野広小路駅、湯島駅、御徒町駅などから徒歩数分。《あやかり鯛》は、新潟の美味しい食材を味わえる店です。

なかでも新鮮なにいがた和牛を香ばしくジューシーに焼き上げた「村上牛炭火焼」は店イチオシの人気メニュー。お酒の好きな人はぜひ、新潟の地酒とのマリアージュも楽しみたいところです。

大人気の村上牛炭火焼(1,880円)  出典:https://akr6874926834.owst.jp/

店内にはカウンター・半個室・掘りごたつがあり、落ち着いて過ごすのにぴったりの空間。東京都が定める「感染防止徹底宣言」の項目に沿ったコロナ対策も万全です。

出典:https://akr6874926834.owst.jp/

■住所:東京都文京区湯島3-38-15
■HP:https://akr6874926834.owst.jp/

 

○「きざみわさびで食べるにいがた和牛 焼肉弁当」(駅弁)

にいがた和牛を食べられる焼肉店まではなかなか行けないというあなた! 駅弁でも味わうことができます。

新潟三新軒の「きざみわさびで食べるにいがた和牛 焼肉弁当」は、うまみたっぷりのにいがた和牛を焼肉仕立てにした弁当。ご飯のすすむオリジナル焼肉タレに、半熟煮卵とるきざみわさびとの相性も抜群です。

きざみわさびで食べるにいがた和牛 焼肉弁当(1,150円) 出典:https://www.niigata-sanshinken.co.jp/products/2077/

そのほか、村上牛を使用した「村上牛しぐれ」は同社の人気ナンバー1駅弁。駅弁をあまり買ったことがない人もぜひ注目してみてくださいね。

■販売所:新潟駅・東京駅・新宿駅・大宮駅・上野駅の各駅店舗
■HP:https://www.niigata-sanshinken.co.jp/(新潟三新軒)

 

○ハロー!! JA全農にいがた(通販)

お店や駅弁以外で味わうとすれば、やはりお取り寄せがおすすめ。JA全農にいがたサイトでは、焼肉用などのにいがた和牛を「農家応援価格」で購入することができます。

リーズナブルな価格に加え、農家応援プロジェクトにつきなんと送料無料!
「口の中でとろけるようだった」と口コミでも好評のにいがた和牛で美味しいお家焼肉を楽しんじゃいましょう。出典:https://www.ja-town.com/shop/g/g3901-38620125CPbai/

■HP:https://www.ja-town.com/shop/c/c3901/

 

にいがた和牛はふるさと納税でも“高コスパ”!

2020年9月に発表されたふるさと納税高還元率ランキング(ふるさと納税専門サイト「ふるとく」調べ)の牛肉部門で、「にいがた和牛 村上牛」が全国5位、部位別ではロースが3位にランクインしました。

出典:https://furusato-toku.red/furusato-ranking2015-gyuniku-653

ふるさと納税による「にいがた和牛 村上牛」の還元率は81%!
にいがた和牛を試してみたい人、ふるさと納税をよく利用する人は、要チェックです。

■HP:https://furusato-toku.red/(ふるさと納税お得情報No.1サイト ふるとく)

 

うまみたっぷりのにいがた和牛を焼肉にして、炊きたてのコシヒカリと食べたらどれほど美味しいか…。
そんな贅沢を夢見ながら、にいがた和牛がもっと身近で色んな店でも味わえるブランド牛になってくれるよう、今後の展開に期待しましょう。

それでは以上、【にいがた和牛の世界】でした。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts