BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【かずさ和牛の世界】 肉の巨匠たちを次々と虜にする“魔性”のブランド和牛?!

【かずさ和牛の世界】 肉の巨匠たちを次々と虜にする“魔性”のブランド和牛?!

着々とファンを増やし続ける実力派の魅力に迫る!

世界に誇る最高級の肉として名高い「和牛」。
そのなかで、着々とファンを増やし続け、存在感を発揮している千葉県産のブランド牛「かずさ和牛」をご存知でしょうか。

その旨味は口に入れた途端にジュワ〜っとやさしく広がり、思わずまぶたを閉じてしまうほど。「農林水産大臣賞」の受賞も続出、その実力はお墨付きです。

今回は、そんな肉の巨匠たちを次々と虜にする【かずさ和牛の世界】の魅力を余すことなくお伝えしていきますよ。
そこのはらぺこのあなたも、お見逃しなく☆

 

“酪農発祥の地”で誕生したブランド牛

「かずさ和牛」が育つのは、千葉県の房総半島。ここは、江戸時代の8代目徳川吉宗が3頭の牛を放ったことから、日本の酪農が始まった地でもあります。

そんな酪農の元祖・千葉県のブランド牛「かずさ和牛」へのこだわりは天下一品! 半世紀もの長い期間、但馬牛を中心とする和牛を掛け合わせ、試行錯誤の末に誕生しました。松坂牛や神戸牛などの有名な和牛の85%以上が「但馬牛」の系統であり、だからこそその血を受け継ぐ「かずさ和牛」もまた極上の味わいを堪能させてくれる品種になっているんですね。


出典:https://kazusa-wagyu.com/about

「かずさ和牛」のこだわりは、餌にもあります。地元で生産される稲ワラなどの粗肥料や大麦を中心とする「かずさ和牛特製飼料」を開発し、与えているんです。ミネラル豊富な千葉県の土地で育つ飼料は栄養たっぷり!
出典:https://kazusa-wagyu.com/about

抗生物質やホルモンなどを一切使用しない、安全へのこだわりも嬉しいポイント。30ヶ月もの長期肥育を基本とし、牛たちは心も体も健康に育ちます。

 

「ヨード(ヨウ素)」が健康の秘訣

「ヨード」は生き物の成長に欠かすことができず、日々私たちの健康も支えてくれている栄養素です。「なんとなく名前は聞いたことがあるかも!」そんな方も多いかもしません。

そんなヨード、なんと千葉県に世界の60%が存在しており、貴重な天然資源として海外へ輸出するほどなんです。


出典:https://www.jalan.net/rentacar/drive/120000/7109/

千葉県で育つ「かずさ和牛」もヨードの含まれた栄養豊富な水により健康的に育ち、高い品質が保たれています。

 

かずさ和牛の認定基準は「等級3以上」であること

肉の格付けは、「社会法人日本食肉格付協会」の格付員が常駐する食肉処理工場で行われます。等級は1〜5まであり、4つの基準で決まるんです。

・脂肪交雑:霜降りやサシの入り方
・肉の色沢:肉の色と光沢
・肉のしまりときめ:しまりのよさ、決めの細かさ
・脂肪の色沢と質:脂肪の色と光沢、質

以上の基準をチェックし、最も低い項目の等級が最終的な等級になります。つまり極端な話、ほかの3つの基準がすべて等級5だったとしても、残りの1つが等級1であれば、その肉の等級は1になってしまうということ。かなりシビアな世界ですよね。


出典:https://kazusa-wagyu.com/about

そのほか、「かずさ和牛」では以下の認定基準を設けています。

・清潔な環境下で飼養されていること
・給与飼料記録を保管していること
引用:http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=198

高い等級を獲得するためには、血統や栄養満点の飼料、豊かな自然環境へのこだわりは欠かせません。しかしそれだけではなく、生産者さんの丁寧で緻密な仕事、たっぷりの愛情のもとで育まれた証も「かずさ和牛」の称号を獲得するためには必要不可欠なのです。

 

かずさ和牛の“究極の味”を追求する髙梨牧場

これまで農林水産省大臣賞を6回、東京都知事賞を2回受賞している「髙梨牧場」。数々の牧場のなかでも、その信頼はお墨付きです。


出典:https://dancyu.jp/read/2020_00003178.html

飼料は米ぬかやライスオイルなどのこだわりぬいた素材を用いた髙梨牧場のオリジナルブレンドを使用。


出典:https://dancyu.jp/read/2020_00003178.html

房総半島の温暖な気候を活かしながら、たっぷりの愛情で育てるのが「高梨牧場」流。その牛が本来持っている生命力を活かし、余分なストレスを与えずに大切に育て上げるのです。

できるだけ長い時間、牛と一緒に過ごし、表情を見ながら体調管理をしています。命をもらうからには、手を抜かずに真面目に牛と向き合い続けたい。
引用:https://dancyu.jp/read/2020_00003178.html

髙梨牧場で育てられた和牛は、噛めば噛むほど赤身の旨味を感じることができ、脂にも甘みが凝縮されています。遠方からも、その生産現場をひと目見ようと足を運ぶ人も多いそう。

さらに、食卓に最高の形で肉が届けられるところまで、決して力を抜きません。

ゆっくりと解凍し、肉を常温にしてから火を入れてください。焼き方はお好みで。肉自体の旨味が強いので、まずは塩だけで食べてみてください。それでも十分美味しいですから。
引用:https://dancyu.jp/read/2020_000

そんな髙梨牧場では、髙梨裕市さんを中心にご両親と妹さんの4人でなんと300頭以上の牛を飼育しています。伝統的な方法を大切にしながらも常に研究を重ね、年々高まっていく髙梨牧場から今後も目が離せませんね。

 

かずさ和牛を食べたい!

脂の融点が低いかずさ和牛は、口の中に入れた瞬間に旨味がジュワ〜っと溶け出します。肉の美味しさをじっくり堪能しつつ、ビールをゴクリと流し込むもよし、ご飯をかき込むもよしです。

想像しただけでよだれがじゅるり……
というわけでここでは、そんなかずさ和牛が食べられる都内近郊のお店を紹介しますね。

 

○房総ホルモン

かずさ和牛をはじめとした、千葉の美味しい食材をふんだんに使用した料理を提供している《房総ホルモン》。かずさ和牛の様々な部位の焼肉を、良心的な価格でいただけるとあって大人気のお店です。

特に、カルビ・ロース・カワラなどの人気部位を一気に楽しめる「A5上総和牛三点盛り」は絶品! 見ているだけでうっとりするほどの綺麗なサシが印象的です。


出典:https://www.hotpepper.jp/strJ001099725/food/

風味がよくて柔らかい「上総和牛リブロース」、身のしまった歯応えのある赤身が味わい深い「上総和牛ロース(モモ)」もイチオシですよ。


出典:https://www.hotpepper.jp/strJ001099725/appearance/

店内は、明るく清潔感のある雰囲気。個室もあるので、プライベート空間を楽しみながらじっくりお肉を味わえます。気のおけない仲間たちと一緒に、美味しいかずさ和牛で日頃の疲れを癒すのもいいですね。

 

■住所:東京都渋谷区円山町7-11梅北ビル1F
■ HP:http://www.bousou-horumon.com/

 

○牛匠 しらいし

「かずさ和牛といえばココ!」と行っても過言ではないほどの名店、《肉匠 しらいし》。A5ランクのかずさ和牛を一頭買いし、新鮮なお肉を提供しています。

キレイなサシの入った霜降り肉に加え、ホルモンなどの内臓肉も人気メニューです。なかでもおすすめなのは、かずさ和牛の人気の部位を集めた『和牛炭火焼 希少部位5種盛合わせ』。この1皿を食べたら、あなたもあっという間にかずさ和牛の虜になりますよ。


出典:http://www.kazusa-wagyuu.co.jp/shop.html

ちなみにお肉と一緒に食べる野菜やお米なども、かずさ和牛と同じ千葉県産の食材にこだわっているんだとか。千葉県の「美味しい!」をぎゅぎゅっと堪能できちゃいます。


出典:http://www.kazusa-wagyuu.co.jp/shop.html

個室もあり、最大28人で宴会もできるので様々な場面で訪れることができます。美味しいかずさ和牛と一緒にとっておきの時間を過ごしてみてくださいね。

 

■住所:千葉県君津市外箕輪1-10-18
■ HP:http://www.kazusa-wagyuu.co.jp/shop.htm

 

ふるさと納税を活用! 自宅でかずさ和牛に舌鼓

「かずさ和牛を自宅でゆっくり味わいたい!」なんていう方にピッタリなふるさと納税。これまで数々の受賞を経験してきた「島田哺育牧場」の島田昭氏が育てた、旨味たっぷりの「A4〜A5ランク 切り落とし」が自宅に届きます。そんな名人生産者さんの育てたお肉は1度食べたらたちまち虜に。生産者さんがわかる状態でブランド牛が食べられる機会もそうそうないため、そこも肉好き心がうずくポイントかもしれませんね。


出典:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12226/4445419

さっと火を通して口に頬張るイメージはできましたでしょうか。この機会にぜひ自宅でもかずさ和牛を堪能してみてくださいね。

 

こだわりのかずさ和牛に、もうメロメロ!

生産者さんたちのこだわりが詰まりに詰まった「かずさ和牛」。

千葉県を中心に、今では様々な土地で出会うことができます。豊かなヨードにより育まれた世界に誇る和牛の味は、一度食べたら忘れられません。そんなかずさ和牛をぜひこの機会にご賞味ください!

それでは以上、【かずさ和牛の世界】でした。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts