BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【小倉牛の世界】 福岡の希少なブランド和牛は、“地元生まれ地元育ち”!

【小倉牛の世界】 福岡の希少なブランド和牛は、“地元生まれ地元育ち”!

地元生まれの郷土牛「小倉牛」が気になる!

福岡県といえば美味しい食事! 明太子、もつ鍋、とおりもん……
では、福岡県のブランド和牛は? 意外と知られていないのではないでしょうか。

そんなあなたに、これからぜひ注目していただきたいのが「小倉牛」です。

北九州市とJA北九、農家の協力体制のなかで和牛繁殖技術を習得し、北九州市内で育てあげた高級和牛・「小倉牛」。福岡が増やせ!『地元産まれの小倉牛』と力を入れていることもあり、かなり地元密着型のブランド牛であると言えます。
福岡県では、農家の高齢化などにより小倉牛の生産数が減少していることを受け、2016年に「小倉牛増産支援事業」を立ち上げました。そんな下支えの甲斐もあり、2019年には最高等級であるA5等級を獲得! その実力はお墨付きです。

というわけで今回は、いま注目を集めている【小倉牛の世界】をたっぷりご紹介します!

 

小倉牛のキーワード・「北九州ブランド牛」と「地産地消」って?

 
出典:http://softandmellow.blog5.fc2.com/blog-entry-190.html

小倉牛を語る上で欠かせないキーワードが、「北九州ブランド牛」「地産地消」です。

小倉牛のブランドは確立されて30年弱と、日本にあるブランド牛に比べると比較的歴史の浅いブランド牛のひとつ。
そんな小倉牛が自身のブランド価値として目をつけたもののひとつが、「希少性」という点。「北九州ブランド牛」としてJA北九が商標権を保有し、指定店制度を設けることにしたんです。JA北九が認定したお店でしか取り扱うことができないんですね。

生産農家はたった7軒、取り扱い店舗はおよそ20店舗! 「地産地消」を合言葉に、北九州市内にしか出回っていません。

 

北九州が生んだ霜降り黒毛和牛は「おいしい」の一言!

小倉牛は、見とれるような霜降りの美しい艶牛肉特有の重さのない脂身のうまさが特徴です。口に含めば溶けるような肉の旨さとほのかな甘さが広がり、まさに「極上」の和牛になります。

そんな小倉牛のうま味を最大限に楽しむなら、焼いて食べるのがおすすめ。シンプルな調理法によって、旨さがストレートに伝わってきます。

 

「小倉牛」を名乗れるのは、わずか60頭


出典: https://www.hotpepper.jp/strJ000635844/ 

他のブランド牛同様、北九州で育てられたすべての牛が「小倉牛」と呼ばれるわけではありません。小倉牛のブランドを獲得するためには、以下の厳しい条件をクリアすることが定められています。

・北九州で飼育された牛
・黒毛和牛
・肉質等級A4以上のもの
・(付帯条件として BMS5以上のもの)

小倉牛は、生産農家によって毎日一頭一頭丁寧に管理されており、飼料や病気の予防などの健康状態を細かくチェックしています。えさは原料の吟味から配合の細部にまでこだわられ、一頭一頭大切に管理されて育つのです。また、小倉牛のブランドを得るためには、全頭必ず食肉の放射能検査を受けなくてはなりません。

以上のような厳しい基準をクリアしたものだけしか名乗れないため、年間の出荷はわずか60頭。どの和牛よりも出荷数の少ない小倉牛が、どれだけ希少価値の高いブランド牛なのかわかって頂けたかと思います。

 

小倉牛ができたのはごく最近!

 小倉牛のブランドが確立されたのは、1989年2月のこと。地域活性化目的でブランド確立をしたとされています。そして実際に販売が開始されたのは、1989年5月。そのため、日本を代表する和牛と比べたらかなりの新人……ならぬ“新牛”です。

北九州市の小倉南と若松区の中にある7軒ほどの畜産農家が育てており、肥育規模もかなりこじんまり。歴史の浅さもあり、まだまだ発展途上のブランド牛ですが、肉質や味などが歴史あるブランド和牛にもひけをとらないものだということは、ここまで読んできてくださった皆さんにはお分かりですよね!

 

貫山のふもとの「梛野畜産」

 
出典:https://www.asahi.com/articles/ASG7J6VLPG7JTIPE03F.html 

湧き出るミネラルが豊富な井戸水と、平地より気温が低くおいしい空気に囲まれた自然豊かな環境が揃った山のふもと。ここでのびのびと牛を育てているのが「梛野畜産」です。

牧場後継者である梛野賢剛さんは 、

餌の種類や量を調整して肉質を管理するのは大変難しく、試行錯誤の連続です。小倉牛の生産農家は、他の産地に比べて少ないですが、品質の高さは負けない自信があります。」 (引用:http://nosai.or.jp/mt6/2012/03/

とおっしゃっています。

特別なことをするわけではなく、牛たちがのびのびとできるような環境を整える。えさや健康状態を細かくチェックする。そんな日々の丁寧な肥育が、上質の肉を作り上げる秘訣のようです。

 

小倉牛を食してみよう!


出典:https://www.gururich-kitaq.com/spot/kokura-cow

さて、小倉牛の魅力を知れば知るほど、小倉牛を実際に食べてみたいと思うのではないでしょうか?しかし、小倉牛は都内で流通があまりしていないため、都内で食べることは難しいんです。

というわけでここでは、福岡県内で小倉牛が味わえるお店を紹介します。

 

○肉処 天穂


出典:https://tensui1129.com/ 

JR小倉駅より徒歩2分、焼き肉屋の匂いが立ち込める中にあるのが人気の《肉処 天穂(てんすい)》。九州地方でも滅多に流通しない小倉牛が食べることができる数少ない焼き肉屋です。


出典:https://tensui1129.com/menu/special.html

単品で好きなものをたっぷり楽しむのももちろん良いですが、ここでおすすめしたいのが充実したコース料理。なかでも「店長厳選コース」は、飲み放題90分を付けて税込み5,000 円(2020 年 7 月現在)とかなりお値打ち!お肉とお酒を両方楽しみたい人にとっては最高のコースですね。

「お酒はいいから焼き肉だけを堪能したい!」というあなたは、「天穂セット(2人前)」5,280円(税抜)をどうぞ。店長が厳選したとろける極上ロースが楽しめます。

■住所:福岡県北九州市小倉北区魚町1-5-6
■HP:https://tensui1129.com/

 

若勝


出典:https://www.hotpepper.jp/strJ000973610/appearance/

モノレール平和通駅より徒歩2分の場所にお店を構えているのが、《若勝》です。

ここを訪れたら絶対に外せないのが「極上厚切りタン」。なんとこのメニュー、お客さんの9割が頼むとか!でもそれも、小倉牛の希少なタンを赤字覚悟の1,880円(税抜)で提供していると聞けば納得。

そのこだわりは、焼き方にあります。表1分45秒、裏1分45秒の3分で仕上げて食べるのが《若勝》流。一度食べたらやみつきといわれるタンの、ふんわりとした食感にほのかな甘みは誰もが虜になります。

単品だけでなく、コース料理ももちろん充実。「極上 若勝コース 名物お肉のフルコース」は、小倉牛を含む《若勝》おすすめのお肉をたっぷり堪能出来て5,000円(税抜)だというから驚きです。


出典:https://wakakatsu.com/wakakatsu-specialty/

■住所:福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-3-3 小倉かじまちビル奥2階
■HP:https://wakakatsu.com/

 

小倉城の近くで「わっしょい百万夏まつり」開催!


出典:https://tensui1129.com/topics/wasshoi2018.html

「わっしょい百万夏まつり」は、北九州市小倉北区で毎年7月~8月頃の夏に3日間開催されるお祭りです。約10,000人が参加する大規模な百万踊りやわっしょいYOSAKOI北九州など、イベントも様々にあります。

そんなイベントと同時に祭りの楽しみになるのが、「わっしょいグルメ」!地元九州の食材を中心に扱った屋台や祭り定番の食べ物を扱った屋台など約50店舗が集結するんです。

わっしょいグルメの中で目玉となりつつあるのが、「小倉牛骨付きモモ肉の丸焼き」。驚くのは味だけではなく、その価格。なんと500円ほどで小倉牛を楽しめるんです。ワンコインで希少な小倉牛を味わえるとあれば、外せませんよね。

残念ながら今年は延期が決定されていますが、開催が決定されたときには、ぜひ訪れてみたいものです。

まだ見ぬ小倉牛の上質な脂身、霜降りの美しい艶やくちどけに思いを馳せつつ……以上【小倉牛の世界】でした!

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts