BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. トレンド
  4. 【最新版】この夏は、「かき氷」の美味しい焼肉店でおなかもこころも満たされよう!

【最新版】この夏は、「かき氷」の美味しい焼肉店でおなかもこころも満たされよう!

新定番?! 焼肉の〆は「かき氷」でしょ!

まだ梅雨明けの知らせはないものの、夏らしい暑さの続く日々。皆さまいかがお過ごしですか?

さて、暑~い毎日には、やっぱり冷たいものが欠かせませんよね。キンキンに冷えたビール、ごはんものの定番・冷麺、デザートのアイスクリームなど、焼肉店にも “涼” を感じさせるメニューはいろいろありますが…
最近では「かき氷」を提供する焼肉店が増えており、それがじわじわと話題になっているんです。美味しい焼肉をたっぷり味わい、最後にひんやりしたかき氷でシメる……想像しただけでもうっとりしちゃいます。

というわけで今回は、都内でかき氷の美味しい焼肉店の情報をお届けしていきますよ~!

 

目次

1 よろにく(南青山)
2 生粋(末広町)
3 焼肉 綾小路(六本木)
4 焼肉赤身にくがとう(人形町)

 

 


 

「焼肉屋のかき氷」の元祖!そのこだわりに抜かりなし!
―― よろにく(南青山)

「焼肉の概念を覆し、新たな流れを築き上げた“新世代の肉割烹”」として名を馳せる《よろにく》。店長である桑原氏による「至高の焼肉」の追求は、各地の焼肉マニアを唸らせています。

「味を決める“焼き”は、スペシャリストに委ねるのがよろにく流」
https://hitosara.com/0006044267/photo/

そんなこちらのお店では、焼肉店のものだとは思えないほど本格的なかき氷を提供!スプーンですくおうとした瞬間に崩れそうな、《よろにく》ならではのふわふわ感が評判です。

「甘味にも抜かりなし。有名女優をも魅了した『ほうじ茶のかき氷』」
https://hitosara.com/0006044267/photo/

《よろにく》の裏名物とまで言われるこのかき氷は、桑原氏が「かきごおらー」であるところに由来があるんだとか。氷の温度管理にはじまり、仕上げのシロップまで、余すところなくこだわり抜いた逸品です。たくさんのかき氷を食べ歩いてきた経験を活かし、みんなが驚くようなクオリティの美味しさが生まれているんですね。
全商品の細部に抜かりなくこだわる《よろにく》の絶品かき氷……是非一度味わってみたいものです。

■よろにく
住所:東京都港区南青山6丁目6-22 LunaRossa南青山 B1
HP :https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13042979/

 

 


 

《なまいき》の“生意気”なかき氷にメロメロ?!

―― 生粋(末広町)

「牛肉を生で食す」ことを提案する《生粋(なまいき)》は、《よろにく》のDNAを受け継ぐブランド3店舗目として2014年にオープンしたお店です。生肉を堪能したところで焼肉が登場し、肉を知り尽くしたスタッフたちが絶妙な焼き加減で提供してくれるという食体験は、まさに“粋”の一言。


「南青山「よろにく」発祥の名物「シルクロース」」
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13165294/dtlphotolst/smp2/

そんな《生粋》の名物かき氷は、バジルとレモンでさっぱりといただく一品!焼肉の余韻が残る口のなかを、その余韻を壊すことなく爽やかにシメてくれます。

「バジルレモンのかき氷」
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13165294/dtlphotolst/smp2/

それにしても「バジルレモン」だなんて、“粋”だし、なんだか“生意気”なくらいオシャレですよね。肉の美味しさをとことん味わうことにフォーカスする《生粋》だからこそ提供できるかき氷は、食べて損なし!というよりむしろ、“体験して”損なし!という感じ。「焼肉」という一連の流れに、かき氷がマストインするようになるかもしれません。

■生粋(なまいき)
住所:東京都千代田区外神田6丁目14-7
HP :https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13165294/

 

 


 

可愛い見た目で侮らないで!心だけではなく頬もとろける実力派

―― 焼肉 綾小路(六本木)

京都の町屋を思わせる和の洗練された個室で焼肉を味わえる…そんな優雅で上質な空間と時間の提供が売りの《綾小路》。銀座に店を構える創業昭和3年の老舗・《吉澤》の目利きが厳選した最高級和牛を仕入れています。老舗の伝統を守るこのお店ですが、和風のものしかないかといえばそうではありません。《綾小路》の手にかかれば、ワインとのマリアージュを楽しませるのもお手の物。和牛焼肉を贅沢に楽しむためのメニューが盛りだくさんです。

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13038804/dtlphotolst/smp2/

そんな《綾小路》のかき氷はなんと、「シロクマ」! しかも味だけではなく、見た目もシロクマを模したなんとも可愛らしい一品です。なかに小豆や白玉も入っており、その美味しさも間違いありません。

「甘味 - 特製かき氷(シロクマ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13038804/dtlphotolst/smp2/

こちらのかき氷は季節やイベントによってプレートのデザインが変わるそうで、記念日など特別な日にもぴったり。大切な人との時間に華を添えてくれて、しかも美味しいなんて最高ですね!

■焼肉 綾小路(あやのこうじ)
住所:東京都港区六本木7-4-8 TKGビル1F
HP :http://www.ayanokouji.jp/index.html

 

 


 

迫力満点!超ボリューミ―な名物かき氷は……プリン味!

―― 焼肉 赤身にくがとう(人形町)

無類の肉好きであるオーナーがこだわりにこだわった赤身肉を、しかもリーズナブルに食べられると大人気の《にくがとう》。自分で和牛を育てるほどの肉好きオーナーの下で働く店員さんたちも、もちろん肉のプロ!メニューに合わせてベストな焼き加減を教えてくれるなど、肉を味わい尽くすための工夫が盛りだくさんです。


https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13168436/dtlphotolst/smp2/

そんな《にくがとう》の名物かき氷はなんと、「プリン味」!ふわふわの氷のおかげで頭がキーンとならないという自慢の一品で、単品500円とお手頃価格なのも嬉しいところ。


https://www.facebook.com/663341153856505/photos/a.696778683846085/730334057157214/
「特製ふわふわかき氷(プリン味)」(写真右手前)

たまご風味の氷にたっぷりのカラメルソースをかけることで「プリン味」のかき氷が完成。プリンでも、かき氷でもなく、プリン味のかき氷…?!味の想像がつきませんが、そのさっぱりとした甘さにファンが続出しているんだとか。
まさに百聞は一見に如かず……これは一度食べに行ってみるしかないですね!

■焼肉赤身にくがとう
住所:東京都中央区日本橋堀留町1丁目6-7
HP :http://www.nikugatou.com/

 

 

この夏は、「かき氷」がないと終われない?!

いかがでしたか?
焼肉専門店なのに、いや、むしろ専門店だからこそ、焼肉に合う「焼肉屋のかき氷」が探求されているとも言えるのかもしれませんね。

この夏は焼肉のおともに、かき氷を本指名です!

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts