BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【しずおか和牛】待ってました!期待の新統一ブランド和牛が登場

【しずおか和牛】待ってました!期待の新統一ブランド和牛が登場

新進気鋭の新勢力「しずおか和牛」

今や、日本だけではなく世界中で人気が爆発している「和牛」ですが…
みなさんは和牛といえばどんなブランドを思い浮かべますか? 松坂牛、神戸牛あたりがパッと出てくる方が多いのではないでしょうか。もちろんこれらの有名なブランド和牛もすばらしいのですが、今回は新進気鋭の新勢力、「しずおか和牛」についての情報をお届けしたいと思います。
それでは【しずおか和牛の世界】をどうぞ!

 

静岡で生まれた、“新統一”ブランド

「しずおか和牛」は2017年3月6日浜松地方卸売市場で発表された、比較的新しい和牛ブランドです。

それ以前も「静岡そだち」「遠州夢咲牛」などの高品質な地域ブランドは存在するものの、全国的な知名度がありませんでした。そこで静岡の和牛をまとめて全国区のブランドにするため、9つの地域ブランドが結集して「しずおか和牛」が誕生したのです。

しずおか和牛と認定されるには、以下の条件があります。

・最も長く育てられた場所が静岡県であること
・生後26ヶ月以上の黒毛和牛であること
・肉質等級が3等級以上であること

この3点をクリアした和牛のみが「しずおか和牛」を名乗ることができるということです。

 

キングオブ和牛!最高ランクのしずおか和牛「頂上」

さらに、「しずおか和牛」と認定された肉の中でも、肉質等級が5等級であるものは「頂上」の名を冠することができます。その名に違わず、これに認められるには厳しい審査基準をクリアしなければいけません。

その認定の要である肉質等級は、日本食肉格付協会により決められた4つの審査項目に分けられています。

①脂肪交雑
⓶肉の色沢
③肉の締りときめ
④脂肪の色沢

各項目は5段階評価で、一項目でも5等級に満たないものは頂上と認められません。例えば、肉の色沢が3等級で他の項目が全て5等級である場合、その肉は3等級と判定されてしまいます。


出典:Mマート畜産市場 しずおか和牛頂上

「頂上」は文字通りしずおか和牛の中でも選ばれた最高ランクの和牛なのですね。

 

静岡と和牛の歴史 〜国牛十図〜


出典:国牛十図 藤原貞幹序 安永七(1778)年 東京大学農学生命科学図書館

あまり知られていない話ですが、実は静岡は古くから牛の産地として評価されていました。鎌倉時代に描かれた牛の産地の特徴を記した「国牛十図」には遠江牛(遠江は現在の静岡県西部のあたり)に関して以下のような記述があります。

遠江牛は蓮華王院領の相良牧の産である。その見かけは筑紫牛に見まがう駿牛であるが、ややあばれものである。故今出川入道太政大臣家がこの地に筑紫牛の血統を移入させたものという。
(引用:https://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/tenji/125/04.html(「国牛十図」東京大学農学生命科学図書館))

筑紫牛というのは長崎県壱岐市の和牛です。静岡の牛のルーツが長崎県にあるというのは、なんだか意外な感じがしますね。

 

しずおか和牛 おいしさのワケはサシの“入れ方”

サシの入った高級和牛は、味が良くても、脂っこく重たいイメージがあるかもしれません。静岡県は牛の産地としての長い歴史から各生産者の技術が高く、そのサシの“入れ方”に定評があります。十分にサシが入っていながらも、脂身がくどくなくさっぱりと食べられるのがしずおか和牛の特徴なんです。

しずおか和牛の筆頭ブランドである「静岡そだち」には統一された飼育マニュアルがあり、常に安定した品質の和牛を提供することができます。また「静岡そだち」の57%が肉質ランクA5以上であり、全国平均の約35%を上回っているんです。
質の高いサシが“入っている”のではなく“入れている”……静岡ブランドの秘められた伝統を感じます。

出典:さとふる

脂の主張が強くなく、いい意味でクセが少ない肉質だから、たくさんの人たちに楽しまれているんですね。

 

どんな人がしずおか和牛を育てているの?

静岡県掛川市、四方を山に囲まれた盆地に「遠山畜産」の牧場があります。代表取締役の遠山裕丞さんのモットーは自然に近い状態で牛を飼育すること。

牛と寄り添いながら大切に育て、優しい畜産を、目指しています。
(引用:https://tohyamachikusan.com/(遠山畜産))

山に囲まれた牧場は風通しがよく、真夏でも牛が快適に過ごせます。また遠山畜産では牛にストレスをかけないようにするため、ツノを切らずに鼻環もつけません。飼料にもこだわっていて、牛の年齢や性別、体調を見てそれぞれに最適な飼料を選定、配合。水は山から流れる沢水を浄水して与えています。


出典:CAMPFIRE

遠山畜産の経営理念に「時代に合わせた臨機応変さで、古き良きものを大切にし、かつ新しいことにチャレンジ」というものがあります。新しい技術もどんどん取り入れています。例えば、牛の異常をいち早く察知するためにセンサーをつけてスマホで管理するのもそのひとつ。

遠山さんは消費者のニーズを生産に反映させるため、食品加工や流通販売を展開する6次産業も手掛けています。遠山さんのこだわりである「サシがたくさん入っているのに脂がくどくなく、味に深みのあるお肉」。それがしずおか和牛であり、県内だけでなく県外からも食べに来てもらえるようなブランドにすることを遠山さんは目指しています。

 

しずおか和牛が味わえるお店をチェック!

脂の質がよく、上品な味わいのしずおか和牛。都内でしずおか和牛を味わえるレストランをご紹介いたします。

○大井町銭場精肉店

一軒目は天然溶岩を使った溶岩焼きでしずおか和牛を楽しめる《大井町銭場精肉店》。こちらでは柔らかく舌ざわりの良い雌牛にこだわり、静岡から直送した「静岡そだち」を提供しています。

出典:溶岩焼肉 銭場精肉店

ランチで提供されるハンバーグセットにもA5ランクの部位が使われているから驚きです。大井町銭場精肉店では牛を一頭から仕入れているため、こんな贅沢な使い方もできるのです。


出典:溶岩焼肉 銭場精肉店

住所:東京都品川区東大井5-14-19 ISOLA大井町2F,3F
HP :https://zeniba-oimachi.com/space/

 

○炭火焼肉ふくぶく

続いては《炭火焼肉ふくぶく》。焼肉店とは思えない雰囲気のお店で、JazzをBGMに、しずおか和牛をふんだんに使ったコース料理を4,000円から楽しめます。

出典:炭火焼肉ふくぶく

さらに女性限定の「レディースコース」は3,500円。こちらのプランには和牛握り寿司が入っており、口溶けのいいしずおか和牛を生で味わうことができます。


出典:炭火焼肉ふくぶく

■住所:東京都中央区日本橋箱崎町6-9ウイング箱崎ビルB1F
■HP :https://fukubuku.jp/shop.html

 

 

ふるさと納税でしずおか牛を味わう!【A5ランクのサーロインステーキ】

おうちでもしずおか和牛を…そんなときに心強いのがふるさと納税。現在静岡県藤枝市で、ふるさと納税の寄付募集を行なっています。返礼品はしずおか和牛の筆頭ブランド「静岡そだち」のサーロインステーキ!これを利用しない手はないですよね。

指定農場で厳選された飼料と管理マニュアルに基づいて育てられたA5ランクの極上の一品です。しずおか和牛ならではの滑らかな舌触りと深みのある味わいをお楽しみください。

ふるさとチョイス 厳選和牛 静岡そだちサーロインステーキ

 

いいじゃん、しずおか和牛!

いかがでしたか?少しでもしずおか和牛の良さが伝わっていれば嬉しいです。
今後もブランド和牛について、じゃんじゃん発信していきますのでお楽しみに!

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts