BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【松坂牛の世界】 日本一の味わいを支える「最高級三銃士」?!

【松坂牛の世界】 日本一の味わいを支える「最高級三銃士」?!

 

高級和牛の代名詞・「松坂牛」

お肉好きの人であれば、日々「美味しいお肉を食べたい!」と思って過ごしていることでしょう。
皆さんご存知の通り、お肉はランクによって格付けされており、高級であればあるほどランクが上がっていきます。

そのなかでも「松坂牛」を聞いたことがある人は多いですよね。
松坂牛は誰もが知る、A5ランクのブランド牛ですが……その詳しい魅力や特徴などについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

というわけで、第3回目の今回は松坂牛を徹底紹介!
【松坂牛の世界】をたっぷりお届けします!

 

こだわりの選定基準が最高級の味わいの秘訣

松坂牛は兵庫県の神戸牛と滋賀県の近江牛とともに、日本三大和牛の1つとされています。そしてこの三大和牛の中でも、最高級と言われているんです。

その理由は、こだわりの選定基準にあります。
松阪牛になれる牛は種類が決まっており、なんと、黒毛和種の中でも出産を経験していないメスの牛だけなんです!黒毛和種であっても、出産を経している場合には子牛に栄養を吸い取られてしまうので、肉の味が落ち、筋肉も多く付くため肉質も固くなると言われています。一方、出産を経験していないメス牛の肉質は、柔らかく、ほどよく引き締まっています。これが、最高級の味わいの秘訣です。このように、松阪牛は出産を経験していないメス牛にこだわって基準を設定することでA5ランクの品質を保っています。

出典:https://www.matsuzaka-gyu.com/blog/matsuzaka-gyu/790

そのほかにも生後12ヶ月までに登録された生産地域内に導入されていること、その地域で肥育された期間がもっとも長いことなど、細かな基準が定められており、すべての牛の耳に10桁の番号が書かれた「耳標」という標識を装着し、個体識別番号を設けることによって一括での管理を実現しているんです。この番号を調べることにより松坂牛の育った農家や出荷の方法などの情報が分かり、松坂牛偽造防止の役割を担っています。
「松坂牛ブランド」のプライドが感じられる徹底したシステムですよね。

 

「松坂の肉はおいしい」…その起源は?

松坂牛が食べられるようになったのは明治時代です。西洋の食文化が取り入れるなかで、牛肉を食べる風習が広まった頃、山路徳三郎という人が松坂地方から松坂牛を何十頭も連れて東京まで売りに来ました。これがきっかけで、「松坂の肉はおいしい」という評判が立つようになりました。

さらに明治37年頃、日露戦争が勃発して食料難となったときに、松坂牛を売り出したのをきっかけに、全国へと松阪牛の名前が広がります。
そして1935年には全国肉用牛畜博覧会が開かれ、この博覧会で最も高い評価を得たことで、松坂牛は最高級のブランド牛として認められるようになり、現在でも食べられ続けています。

 

松坂牛の美味しさを支える、“最高級”三銃士!

松坂牛が美味しいのは
香り
食感
脂肪
の3要素が最高級だからなんです。

出典:https://www.matsuzaka-gyu.com/fs/chodaya/c/yakiniku

松坂牛は甘くコクのある上品な、ココナッツや果実に似たの香りを放ちます。「え、お肉からココナッツの香り?」と不思議に思うかもしれませんが、「松坂牛協議会」という団体から和牛香に関する調査の結果が出ており、「ガンマ-ノナラクトン」という成分が加熱されることによって生じることがわかっています。この成分が、ココナッツの香りの成分と同じなんですね。実際に松坂牛を食べる時に、確認してみたくなっちゃいました。

また、テレビでタレントさんが「とける!」とか「噛まずに飲めちゃった…」とかいった食リポをしている場面を見ることがありますよね。あれは、松坂牛の脂肪融点が低いことによるものです。これが、40度弱の舌にのせただけでもとろけてしまうような、満足度の高いあの食感が生まれる理由です。

 

 

未来の松坂牛を支援しながら、お肉もゲット?!

‪三重県松坂市をはじめ、ふるさと納税の返礼品として松坂牛を扱う市区町村はいくつかあります。

そのひとつである多気町が、ふるさとチョイスとタッグを組んで「松阪牛がつなぐ絆プロジェクト」を開始しました!これは、新型コロナウイルスによる影響を受ける松阪牛の畜産農家とブランドを守るための、ふるさと納税を活用したプロジェクト。

出典:https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/24441/5535

従来の通り、寄付者が返礼品として松阪牛を貰えるのに加え、いまは会えない家族や知人などの大切な人にも、返礼品の松阪牛をおすそ分けできる仕組み!10000円以上の寄付で、松坂牛切り落としが400g×2、届きます。

出典:https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/24441/5535

なかなか会えないあの人やこの人と、美味しいお肉を通じて繋がれる。そして寄付金は未来の松阪牛の振興に役立つ。
お肉好きにとってはまさに一石二鳥の企画…!この機会に試してみたいですね!

 

東京で、松坂牛を食べたい!

ここまで、こだわりの基準で最高級品質を誇る松坂牛について、たっぷりご紹介してきました。その魅力を知ったからには、やっぱり松坂牛を食べないわけにはいきませんよね。
というわけで最後に、松坂牛を東京で食べることができるお店をご紹介します!

○ステーキハウスハマ 六本木本店
鉄板焼きの元祖として半世紀の歴史をもつ《ステーキハウスハマ》。ここでは松坂牛のステーキを提供しており、ぞの上質な味わいをしっかり感じることができます。

出典:http://www.steakhousehama.co.jp

2013年にリニューアルしたお店はシックでおしゃれ、清潔感のある雰囲気で、心地よい時間を過ごすことができそうです。

出典:http://www.steakhousehama.co.jp

個室完備だから、ゆっくりと松坂牛を味わうことができるのも嬉しいですね!

■住所:東京都港区六本木7-2-10
■  HP:http://www.steakhousehama.co.jp

 

○柿安銀座店
明治4年三重県桑名の地に創業した《柿安》。伊勢平野で飼育された松坂牛を使用した牛鍋を提供する老舗の名店です。
牛鍋だけでなく、炭火焼やすき焼き、しゃぶしゃぶなど多彩な料理で楽しむことができるのも見どころのひとつ。

出典:https://restaurant.ikyu.com/sd/109765/?ikRef=ampEventOpenIntroduction

落ち着いた和の雰囲気は、老舗ならでは。ゆったりと美味しい食事を楽しめます。

出典:https://restaurant.ikyu.com/sd/109765/?ikRef=ampEventOpenIntroduction

ランチで提供されている人気メニュー・「黒毛和牛柿安御膳」も要チェック!

出典:https://www.ginza-web.com/recruiting/ginzanavi/news/PressRelease-532.html

ランチで手軽に松坂牛をたのしめるのは嬉しいですよね。松坂牛を食べるなら、一度行ってみることをおすすめします!

■住所:東京都中央区銀座7-9-15 GINZA CUBE 7F
■  HP:https://www.kakiyasuhonten.co.jp

 

次回もお楽しみに!

以上、【松坂牛の世界】でした。
これからも肉のTsudoiは日本唯一の焼肉メディアとして全国の焼肉屋の情報を発信していきます!

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts