BLOG

肉のTsudoiメンバーが食べ歩いた焼肉屋を紹介します

  1. HOME
  2. Blog
  3. 日本のブランド牛紹介
  4. 【前沢牛の世界】米どころの岩手が生んだ元祖三大和牛を徹底解剖

【前沢牛の世界】米どころの岩手が生んだ元祖三大和牛を徹底解剖

全国47都道府県のブランド牛調査第3回目です!

口の中でとろけて広がる旨味、黒毛和牛は日常に極上の贅沢感を与える逸品ですよね。

みなさんは、お気に入りのブランド牛がありますか?

今回は岩手県より、日本最高峰の「前沢牛」についてご紹介します

れでは、前沢牛の世界をご堪能ください!

「上質できめ細かなサシ」と「香り高さ」が特徴の前沢牛


出典:いわて食財倶楽部 食財図鑑 前沢牛

前沢牛の特徴は何といっても、鮮やかな霜降りです。筋肉繊維の中に脂がきめ細かく入った美しいサシは、まるで芸術品のよう!このサシが、前沢牛を食した際に口に広がるしっとりとした上質な甘みと濃厚な旨味を生み出しています。それでいてしつこさを感じさせません。

肉は柔らかく口の中で溶けるような味わいで、香り高い風味が感じられます。和牛の銘柄と香り成分を調べた研究では、前沢牛が他の有名な銘柄と比べても香り成分が多いことが報告されています。

前沢牛のこの品質を生み出している源は、「岩手の豊かな環境」です。澄んだ空気に冷涼で穏やかな気候、きれいで豊富な水が、牛にストレスを感じさせることなくすくすくと育みます。さらに、岩手県と言えば米どころですよね。前沢牛を生産する岩手県奥州市は、東北有数の稲作地帯です。奥州市で生産されているブランド米は、日本穀物検定協会主催の全国ランキングでも最高ランクの「特A」を幾度となく獲得している程です。前沢牛はこのような良質な稲わらを飼料としているので、きめ細かな霜降りに濃厚な味わいを実現しているのですね!

「前沢牛」の称号は厳しい基準をクリアした証

「前沢牛ってどんな牛?」と聞かれたら、なんと答えますか?

端的に言えば、「岩手県の前沢地域で育った良質な牛だよ」となりますよね。

この「前沢育ち」と「良質」には、実は細かな基準があるのです。

  1. 前沢地域での飼養期間が最長かつ最終飼養地であること
  2. 牛の出生地が証明書により確認できること
  3. 黒毛和牛であること
  4. 牛の個体識別情報が管理されており、飼養管理と記録がされていること
  5. 肉質等級が「4」以上で、歩留等級(枝肉から無駄なく部分肉として取れる割合)が「A」または「B」であること

これらの基準をクリアした牛のみが、晴れて「前沢牛」という称号を手にいれます。1頭1頭手間ひまかけて大切に育てられ、ようやく前沢牛になれるのですから、ほっぺたが落ちそうになるようなおいしさにも頷けますよね。

前沢牛の歴史 農作業用の家畜から最高級「前沢牛」へ


出典:牛の博物館公式HP

昭和初期、もともと農業が盛んに行われていた岩手県では、田畑を耕したり作物を運搬したりするために牛が活躍していました。それが昭和中期になると、トラクター等の機械が一気に普及し始めたため牛が利用されなくなってきたのです。ただ、家畜を飼うことで堆肥を得られ田畑を肥やしてくれるため、食肉としての黒毛和牛の畜産が発展し始めました。島根と兵庫からそれぞれ牛を導入し、交配させて品種改良を重ねていった結果、今の上質な前沢牛が生まれたのです。

しかし、そんな前沢牛も昭和44年にはじめて東京食肉市場に出されたときには「岩手のガリ牛」と言われる程の酷評でした。それでも地域全体で生産者が一丸となって肥育技術の向上に取り組み幾度となく工夫を重ねた結果、前沢牛は昭和53年の東京食肉市場で当時の最高値が付けられるまでに成長したのです。その後も、「全国肉用牛枝肉共励会」で名誉賞を通算6度も受賞するなど、今日に至るまで前沢牛の快進撃はとまりません。こうして前沢牛が全国にその名を轟かせるようになりました

牛の歴史については、岩手県奥州市ある「牛の博物館」で詳しく知ることができます。牛専門の博物館は、全国を探してもここにしかありません。牛の生産が盛んな奥州市ならではですよね!

前沢牛を食べに行こう!

都内で前沢牛を食べられるお店をご紹介します。

焼肉じゅん 二子玉川


出典:焼肉じゅん公式HP

前沢牛オガタの小形牧場から直送で仕入れている二子玉の焼肉店。まずは、何もつけずに肉そのものの旨味を思う存分堪能してみてください。店自慢の「ザブトン焼きすき」は、軽く炙って自家製ダレと新鮮な卵に絡めて食べると……口に入れた途端、甘みとともに軽やかにとろける絶品です!


出典:焼肉じゅん公式HP

店は焼肉店とは思えないほど、シックでおしゃれなつくりです。ビルの地下1階に佇む店はまさに隠れ家。厳選された無農薬・有機栽培のワインと一緒にお食事を楽しむことができます。

店名:焼肉じゅん
URL:https://yakiniku-jun.jp/index.html
住所:東京都世田谷区玉川3-9-3 STEREAMTAMAGAWA B1
アクセス:二子玉川駅から徒歩3分

草の家 赤坂店

出典:一休.com 草の家 赤坂店

数々の著名人も足しげく通う有名な韓国料理の老舗です。赤坂駅から徒歩1分という立地の良さも目を引きますね。店内は広々として、少人数から大人数での利用まで幅広く対応しています。


出典:一休.com 草の家 赤坂店

前沢牛コースでは、前沢牛炙り握りや前沢牛ローストビーフ、前沢牛の焼肉など前沢牛を存分に堪能できるラインナップに!加えて、海鮮チヂミや冷麺といった韓国料理も味わうことができます。

店名:草の家 赤坂店
URL:https://9497505249.owst.jp/
住所:東京都港区赤坂2-14-33 三田ビル3F
アクセス:赤坂駅から徒歩1分

恵比寿 英司


出典:食べログ 恵比寿 英司

恵比寿で人気の焼肉店。こちらのお店も前沢の牧場直送で仕入れています。「高品質な肉をちょっと気軽に食べに行きたい」そんな欲求を満たしてくれる店です。肉質の良さはもちろんのこと、リーズナブルな価格で提供されています。ホルモンやおつまみ、お酒も充実しており楽しむことができます。


出典:食べログ 恵比寿 英司

店内はこぢんまりとしていて、テーブル席とカウンターがあります。気軽に入ることのできる店構えで、抜群の安心感。どこか落ち着く雰囲気です。店はいつも満席のため、食べに行く際は予約をおすすめします。

店名:恵比寿 英司
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13175492/
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-3-5 アルス恵比寿メイクス1F
アクセス:東京メトロ恵比寿駅から徒歩2分、JR恵比寿駅から徒歩3分

前沢牛の生産者様をご紹介!数々の賞を受賞「小形牧場」

「前沢牛オガタ」が経営する小形牧場は、奥州市前沢で約700頭の黒毛和牛を育てる大きな牧場です。東京枝肉共励会をはじめとする様々な大会で数多くの賞を受賞されています。牛の飼料には、地ビールの搾りかすやおからなどをブレンドして作った独自のアルコール発酵飼料を使用しています。この飼料を食べて育った牛は、旨味成分が豊富でジューシーな仕上がりに。さらにストレスフリーな環境づくりと、長年の経験を生かしたノウハウで一頭一頭を大切に育てていらっしゃいます。

小形牧場では、前沢で牧場直営の焼肉店「牛匠おがた」や精肉店「前沢牛オガタ」も展開していて地元でも有名!前沢牛と自社ブランドの小形牧場牛を食べ比べることもできます。小形牧場牛は、肉質等級が「3」以上で歩留等級が「A」または「B」を基準に認められた牛です。前沢牛は農協を通して出荷されており頭数が限られているため、「前沢牛」として出荷されなかった牛を「小形牧場牛」として出荷しているのです。つまり、同じ場所で同じように育てられた黒毛和牛なので前沢牛に勝るとも劣らない品質なのです。岩手県を訪れた際には、前沢駅前にお店があるので一度足を運んで最高級の肉に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。


出典:前沢牛オガタ 牛匠おがた メニュー

牛匠おがた 味心


出典:食べログ 前沢牛オガタ 味心

住所:岩手県奥州市前沢塔ケ崎102-4 2階
アクセス:前沢駅から徒歩13分

牛匠おがた 駅東店


出典:ヒトサラ 牛匠おがた

住所:岩手県奥州市前沢向田1-22
アクセス:前沢駅から徒歩5分

最後に、最近のトピック「前沢牛がふるさと納税返礼品に」


出典:楽天ふるさと納税 【緊急支援品】前沢牛モモスライス

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本中の至るところが経済打撃を受けています。牛の消費量も例外ではありません。そんな中、岩手県奥州市では畜産農家支援に乗り出しました。2020年3月14日よりふるさと納税の返礼品として、新たに前沢牛のモモスライスとサーロインステーキを追加したのです!

こちらのふるさと納税は、「ふるさとチョイス」や「楽天ふるさと納税」といったふるさと納税ポータルサイトで受付けています。焼肉ファンとしては、畜産農家を支援しつつ、前沢牛を食べられるのであれば利用してみたいですよね!

以上、日本最高峰「前沢牛」についてのご紹介でした。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Related posts